BOOKS ルーエ — BOOKS RUHE | & Premium (アンド プレミアム)

& Premium (アンド プレミアム)

BOOKS RUHE BOOKS ルーエ


選・文 / BOOKS ルーエ / December 17, 2020 本屋が届けるベターライフブックス。『小さな家の暮らし』柳本あかね 著(エクスナレッジ)

P02

グラフィックデザイナーで二級建築士でもある著者は、夫婦二人で30㎡の狭さでも豊かな暮らしを実践されています。ミニマリストや断捨離などとまた少し違った印象の、気づきにあふれた本。サクサク削ぎ落していくのでは無く、ギュッギュッと圧縮していくような感覚が新鮮で心地よい。常識に捕らわれない「エレガントな解答」が発見できます。別著「『茜夜』のシンプルに暮らす、小さなキッチン』もお薦めです。


選・文 / BOOKS ルーエ / December 10, 2020 本屋が届けるベターライフブックス。『芸術家(アーティスト)のすまいぶり』中村好文 著(LIXIL出版)

P03

整然と並べられた手沢の美しい道具や、長い年月をかけて独自に工夫された治具が置かれた職人の部屋を覗き見るのが好きです。この本で紹介される芸術家の方々の住まいやアトリエのスケッチや、写真の一枚一枚のそのなんと饒舌なことでしょうか。その頁の隅から隅まで時間を忘れて嘗めるように見入ってしまいます。そして残念なことに、こんな素晴らしい本を創ってくれた「LIXIL出版」さんは2022年秋に出版終了してしまうとのこと。もし興味を持った方がいらっしゃったら、可及的速やかな対応をぜひ。


選・文 / BOOKS ルーエ / December 03, 2020 本屋が届けるベターライフブックス。『ものがたりの家 -吉田誠治美術設定集-』吉田誠治 著(パイインターナショナル)

P04

数年前、絵本に登場する憧れの料理が作れるレシピ本や、名作マンガや映画・ドラマに出てくる主人公の住む家の間取りを考察して再現する書籍が流行ったことがありました。この本は更に一周回って、実際には存在しない「架空の物語」に出てくる建物の美術設定集になっています。
それはまるで夢の中で見た夢の様で、架空の書物の書評集であるレムの『完全な真空』にも似ているのですが「こんな部屋に住んでみたい」という空想の原点にあるときめきを思い出させてもくれる本です。


選・文 / BOOKS ルーエ / November 26, 2020 本屋が届けるベターライフブックス。『旅はゲストルーム 測って描いたホテルの部屋たち』浦一也 著(光文社)

P01

本書の著者は実際に数々のホテルの設計をしている建築家で、旅行や仕事でホテルに泊まった時にはメジャー(最近はレーザー距離計)を使って室内の実測をして、1/50の縮尺で間取りや調度品を描き、さらに絵の具で着彩まで施すそうです。もともと諸先輩から受け継いだスケール感を磨くための「習い」であったり、仕事のデータ集めだったのですが、その行為は習慣となるにつれ、その部屋の設計者の意図を読み取るだけではなく、ホテルの哲学やその国の民族性まで呼び降ろすことができる儀式となったのでしょう。そのホテル備え付けの特色あるレターペーパーに描かれている所も文具好き、紙好きの心をくすぐります。


BOOKS RUHE BOOKS ルーエ

JR吉祥寺中央口から徒歩2分。吉祥寺サンロード商店街にある新刊書店。昭和11年創業以来、吉祥寺と共に歩み、ローカルの身近な読者を大切に営業している。
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-14-3
電話:0422-22-5677
営業時間:10:00~21:30(現在は短縮営業)
定休日:元旦以外 年中無休
http://www.books-ruhe.co.jp/