骨董王子・郷古隆洋の日用品案内。〈大久保ハウス木工舎〉のしゃもじ — No. 288 | Nichiyohin | & Premium (アンド プレミアム)

& Premium (アンド プレミアム)

Nichiyohin

No. 288 / September 02, 2020 骨董王子・郷古隆洋の日用品案内。
〈大久保ハウス木工舎〉のしゃもじ

木目が美しい栗の木のしゃもじは、長野県松本市に工房を構える〈大久保ハウス木工舎〉のもの。ほどよい細さの持ち手がとても使いやすく、ご飯を盛ったり炒め物に使ったりと幅広く活躍してくれます。火や油をかけることで表れる経年変化を楽しむこともでき、使い方次第でさまざまな表情を見せてくれるでしょう。一度使うと心を奪われる、見た目の可愛らしさと実用性を兼ね揃えた木製品です。

photo:Naoki Seo
郷古隆洋
Selector

郷古隆洋

ユナイテッドアローズ、ランドスケーププロダクツを経て2010年に Swimsuit Department を設立。輸入代理店をはじめ、世界各国で買い付けたヴィンテージ雑貨などを販売する「BATHHOUSE」を運営するほか、店舗のインテリアコーディネートやディスプレーなども手がける。2015年9月には、日本で初の開催となるモダニズムショーを主宰した。→ swimsuit-department.com