& Premium (アンド プレミアム)

Nichiyohin

No. 226 / March 27, 2019 骨董王子・郷古隆洋の日用品案内。
長野県松本市で作られた衣掛け

2019-3-4

長野県松本市は、松本民芸家具を筆頭とした木材加工が盛んな土地で、独特な民芸品が多く作られていることでも知られています。この衣掛けもそのひとつで、前面に付けられたスリップの陶板は、濱田庄司の弟子であった藤井佐知によるもの。とても引っ掛けやすく、機能的にも優れています。壁に並んで取り付けられたその姿は、うっとりするほど魅力的。意外と知られていない民芸の名品だと、僕は思っています。

Photo:Naoki Seo
郷古隆洋
Selector

郷古隆洋

ユナイテッドアローズ、ランドスケーププロダクツを経て2010年に Swimsuit Department を設立。輸入代理店をはじめ、世界各国で買い付けたヴィンテージ雑貨などを販売する「BATHHOUSE」を運営するほか、店舗のインテリアコーディネートやディスプレーなども手がける。2015年9月には、日本で初の開催となるモダニズムショーを主宰した。→ swimsuit-department.com