& Premium (アンド プレミアム)

Nichiyohin

No. 213 / December 19, 2018 骨董王子・郷古隆洋の日用品案内。小鹿田焼の器

12-3

大分県日田の焼き物である小鹿田焼(おんたやき)の皿は、1970年代に作られたもの。土を砕く唐臼の音が響く小鹿田の山は、僕が一番好きな民窯の里でもあります。金物の飛び鉋(かんな)と、刷毛を一定の間隔で当てることで付ける刷毛目が、小鹿田焼の代表的な特徴。この年代のものは特に美しく、強さの中に繊細さも感じます。どんな料理とも相性が良く、何枚か持っているととても重宝する器です。

Photo:Naoki Seo
takahirogoko_b_color_6x6
Selector

郷古隆洋

ユナイテッドアローズ、ランドスケーププロダクツを経て2010年に Swimsuit Department を設立。輸入代理店をはじめ、世界各国で買い付けたヴィンテージ雑貨などを販売する「BATHHOUSE」を運営するほか、店舗のインテリアコーディネートやディスプレーなども手がける。2015年9月には、日本で初の開催となるモダニズムショーを主宰した。→ swimsuit-department.com