Nichiyohin骨董王子の日用品案内。

No. 206 / November 05, 2018 ラッセル・ライトのカナッペトレイ選・文/郷古隆洋

1025

アメリカの工業デザイナーであるラッセル・ライトのトレイは、1930年代のもの。当時としては初めて、金属とコルクやベイクライトなどの異素材を組み合わせたと言われている、キッチンツールシリーズの一つです。文字通り、カナッペを盛り付けてテーブルに出すためのトレイで、軽くてとても使いやすい。トレイとハンドルの間に付けられた大きな丸いコルクのボールと、ヘアライン加工のアルミニウムの美しさが魅力です。

photo:Naoki Seo
takahirogoko_b_color_6x6
Selector

郷古隆洋

ユナイテッドアローズ、ランドスケーププロダクツを経て2010年に Swimsuit Department を設立。輸入代理店をはじめ、世界各国で買い付けたヴィンテージ雑貨などを販売する「BATHHOUSE」を運営するほか、店舗のインテリアコーディネートやディスプレーなども手がける。2015年9月には、日本で初の開催となるモダニズムショーを主宰した。→ swimsuit-department.com