Nichiyohin骨董王子の日用品案内。

No. 124 / August 25, 2017 舩木研兒のパン皿選・文/郷古隆洋

0825

惜しまれつつも2015年に亡くなられた島根の陶芸家、舩木研兒(ふなき・けんじ)さんによるパン皿です。倉敷民芸館でもつい数ヶ月前に回顧展が行われたばかりで、大きな作品やスリップウェアなどの装飾の多い作品が取り上げられがちですが、実は普段使いできる食器も多く作っていたのです。そういった作品の幅の広さがあるからこそ、こんなシンプルな食器にも、僕はとても心くすぐられます。絶妙な幅でつけられたリムや、適度な重厚感も魅力的。シンプルだからこそ、細部へのこだわりを感じるアイテムです。

Photo:Naoki Seo
takahirogoko_b_color_6x6
Selector

郷古隆洋

ユナイテッドアローズ、ランドスケーププロダクツを経て2010年に Swimsuit Department を設立。輸入代理店をはじめ、世界各国で買い付けたヴィンテージ雑貨などを販売する「BATHHOUSE」を運営するほか、店舗のインテリアコーディネートやディスプレーなども手がける。2015年9月には、日本で初の開催となるモダニズムショーを主宰した。→ swimsuit-department.com