美術・装飾は作原文子さん。映画『私をくいとめて』が、12月18日より全国公開です。 — おひとりさまヒロインの恋のロマンス。 | News | & Premium (アンド プレミアム)

& Premium (アンド プレミアム)

Newsいま知りたいヒト、モノ、コト。

おひとりさまヒロインの恋のロマンス。 / December 17, 2020 美術・装飾は作原文子さん。映画『私をくいとめて』が、12月18日より全国公開です。

KI1_7889

原作は綿矢りささんの小説。主人公みつこを、のんさんが演じます。

2017年に公開された『勝手にふるえてろ』の、監督・脚本=大九明子さん×原作=綿矢りさのコンビが再びタッグを組んだ映画『私をくいとめて』が公開されます。気ままなおひとりさまライフを満喫しすぎたために、自身の脳内に頼れる相談役のAを生み出してしまった主人公のみつ子、31歳。そんなみつ子が久々の恋をして……。ヒロインのみつ子をのんさんが、恋の相手の真面目な年下の営業マンを林遣都さんが演じます。不器用ながらも必死に恋をするみつ子のロマンスの行方は……。

今作の美術・装飾を担当したのは、本誌にも縁のあるインテリアスタイリストの作原文子さん。みつ子の部屋には、本誌『アンドプレミアム』も置かれているそう。作原さんのスタイリングに注目して作品を見るのも面白そうです。

奇しくも物理的な距離を取らざるを得ない今年、久しぶりの人との関わり、コミュニケーションにもがきながらも恋をする主人公の姿に、共感する点も多そうです。この冬、注目の映画の公開です。

KI1_8238
【FIX】メイン画像 JPG
KI1_7916
KI1_7836
sub2


「私をくいとめて」

2020年12月18日全国公開
監督・脚本:大九明子
出演:のん 林遣都 臼田あさ美 若林拓也 前野朋哉 山田真歩 片桐はいり/橋本愛
原作:綿矢りさ「私をくいとめて」(朝日文庫/朝日新聞出版刊)
美術・装飾:作原文子
配給:日活
©2020『私をくいとめて』製作委員会

公式サイトはこちら