& Premium (アンド プレミアム)

Movie

This Month Themeそろそろ、京都に行きたくなる。

選・文 / 加藤駿介(「NOTA&design」主宰)  / March 04, 2020 極私的・偏愛映画論『夜は短し歩けよ乙女』

051_&premium_fix

京都と学生時代。

 京都と言えば、歴史ある風情を求めて今や世界各地から観光客が訪れる。そんな京都のパブリックなイメージといえば、変わらない「伝統と歴史」「大人の街」。でも、実は日本有数の「学生の街」でもある。京都市にはたくさんの大学があり、常に若いカルチャーが生まれ続けている。映画『夜は短し歩けよ乙女』で描かれている、怪しい学生達なんて存在しない架空のお話だと思う人が大半だと思うが、実は結構リアルに描かれている。

 かくゆう私も大学時代を京都で過ごし、様々な出来事をこの街で体験し、今の自分があると言っても過言ではない。

 私の入った大学は当時、日本でも有数の変わりモノ達が集まるところで、当時の先輩たちはヒッピー的な風貌の人がいれば、革ジャンにサングラス、全身デニムなどなど刺激的な面々がいた。学園祭は年2回。24時間エンドレスで3日間の開催。コタツを持ち込み、お酒を飲みまくりながら連日のドンちゃん騒ぎといった感じだった。(現在は色々あって、学園祭もなくなりましたが……)

 そんな学生時代に覚える事はやっぱり「恋とお酒」。

 今、振り返れば当時好きだった子に少しでも振り向いてもらえるように先輩から教えてもらった、知らない本や音楽、映画、お店の事を必死に吸収していたように思う。

 映画のように鴨川に座るカップルを横目で見ながら、友人たちと缶ビールを開け朝まで過ごし、覚えたてのお酒で失敗した事も今となっては良い思い出。

 この映画の主人公たちが良いのは、受け身ではなく、常に行動力と勢いがある事だ。「たまたま」「偶然」というものは、「たまたま」降ってくるものではなく、自分の行動によって降ってくる。そこで出合った「縁」によって新しい出来事や出会いが生まれ自分が形成される。

 年齢を重ねるとどうも受け身になりがちで、知らない事や人に出合うこと、新たな場所に行くのが億劫に思うこともある。だが、この映画を観るとあの頃の感覚を思い出し、木屋町や先斗町に繰り出して新たな出合いを求めたくなる。

illustration : Yu Nagaba
0228-and-movie-chart2
森見登美彦のベストセラー青春恋愛小説をアニメーション映画化。学生の街、京都を舞台に繰り広げられる一夜の物語。物語終盤にかけての伏線の回収、疾走感には爽やかなカタルシスが。そういえば、ピニャコラーダって学生の時にしか頼まないですよね。
Title
『夜は短し歩けよ乙女』
Director
湯浅政明
Screenwriter
森見登美彦
Year
2017年
Running Time
93分
「夜は短し歩けよ乙女 通常版」
DVD発売中
発売元:東宝/フジテレビ
販売元:東宝

SHUNSUKE KATO 加藤駿介(「NOTA&design」主宰) 

1984年滋賀県生まれ。京都精華大学卒業後、東京の広告制作会社を経て、2008年にUターンして家業の「ヤマタツ陶業」へ入社。新しいプロダクトをいくつか制作したのち、2015年に独立して陶器のデザイン、製作、販売を行う「NOTA&design」を設立。2017年7月、工房敷地内に自身をはじめとする工芸作家の作品や海外のヴィンテージ品、生活用品などを扱う「NOTA_SHOP」をオープン。
https://nota-and.com/shop/