& TRIED IT オモムロニ。さんが使ってわかった これ、ここがいいよね。

November 05, 2022 オモムロニ。さんが、今月試してみたもの〈ビクセン〉の双眼鏡
〈ゼンハイザー〉のワイヤレスヘッドフォン

& TRIED IT オモムロニ。さんが使ってわかった これ、ここがいいよね。
 

話題のアイテムは次々出てくるけれど、気になるのはその実力。そこで、自ら使って納得したものしか選ばないオモムロニ。さんが、暮らしのなかで、じっくり試してわかったことをレポートする連載。今回は、ひとりの時間にどっぷり浸かれるアイテムを紹介します。

 

1. ATERA II H12×30 _ Vixen

108_p000_&TRIEDIT_01
108_p000_&TRIEDIT_02

防振機能は90分で自動OFFに。「レバー式で押し続けなくていいのが楽チン。対象が動いているか止まっているかで、2つの防振モードを使い分けられるのも便利でした。小さいから、バッグに忍ばせて、仕事帰りに観劇や野球観戦に行くのも楽しそう」。単4電池で12時間稼働。ミニトート付き。W14.9×D10.8×H6.2㎝ 422g¥85,800(ビクセン ☎04‒2969‒0222)

「片手で持って覗く、私と推しだけの世界……!」

防振機能搭載の12倍双眼鏡。「ライブやスポーツ観戦でいくつも双眼鏡を使ってきましたが、これだけの性能でここまで軽いものは初めて。長時間片手で持っていても、首から下げても全然疲れない。高倍率で軽いとブレやすくなるのですが、これはレバーをONに切り替えるだけで手ブレ補正してくれる。誰かにガシッと押さえてもらっているくらいの安定感で、思わず〝おぉ!〞と声が出てしまうほど。もちろんレンズの性能もバッチリ。ライブ会場で使ってみたら『私と推しだけの世界』というキャッチコピーが浮かんでくるほど、肉眼では捉えられなかった滴る汗、まつ毛まで見えて感動!」

 

2. MOMENTUM 4 Wireless _ SENNHEISER

108_p000_&TRIEDIT_03
108_p000_&TRIEDIT_04

持ち上げたら自動で電源ON。基本操作は右側のイヤーカップで。「操作の感度もすごく良い。動画との遅延もほぼなし。通話の集音性も高く、タイピング音も拾わないから、ウェブ会議にも良さそう。ヘッドバンドのファブリックも落ち着いた上品な雰囲気」。293g ¥54,890*編集部調べ(Sonova Consumer Hearing Japan HP: ゼンハイザー

「長時間つけていたくなる、音質とつけ心地」

ドイツの老舗音響メーカーのフラッグシップモデルに新顔が登場。「まず、音響の良さに驚きました。何を聴いても心地よい。真横ではなく少し斜め前から音が鳴っているような感覚なのですが、スピーカーで聴いているような広がり。そして、装着感。ヴィーガンレザーのイヤーパッドが、ふわっと柔らかい。少し角度がついていて頭部にピタッと密着するのに、側圧が弱くて、長時間つけていても頭が全然疲れないんです。ノイズキャンセリング機能と通話性能も抜群で、バッテリー駆動も最大60時間。音響マニアから、私のようなライトユーザーまで、間違いなく満足できるヘッドフォンですね」

 

photo : Satoshi Yamaguchi illustration : Shapre
アンドプレミアム 2022年12月号より


雑貨コーディネーター オモムロニ。

著書『DAILY GIFT BOOK 気持ちが伝わる贈りものアイデア』(文藝春秋)が発売中。

instagram.com/omomuroni

Latest Issue台所、使い勝手と、心地よさ。2022.11.18 — 920円