From Editors 『アンドプレミアム』本誌の特集を担当した編集者から。

編集後記「旅をしたくなる、美しい暮らしのある町。」:どこへ行っても同じことばかりしている。June 21, 2023

ビートルズのベストアルバム「1」のカセットテープ、未開封。 (おそらく2000年発?) 熊本のレコード屋で発見しました。特にレア物ではないのでしょうが、20年以上開封されていなかったかと思うと、開けるか迷います。
ビートルズのベストアルバム「1」のカセットテープ、未開封。(おそらく2000年発?)熊本のレコード屋で発見しました。特にレア物ではないのでしょうが、20年以上開封されていなかったかと思うと、開けるか迷います。

器とレコード、本を探す、“自分だけの旅”。

 自分の旅のスタイルは国内でも海外でも、だいたいは器とレコードを探し、書店を巡り、そしてまた器とレコードを探して……の繰り返し。おいしいものや絶景は二の次で、どこへ行ったって同じことばかりしているわけですが、旅する場所が違えば見つかるものも違います。「やたらとピンク・フロイドのレコードのラインナップがいい店だなあ、近くに暮らす愛好家が売りに来たのかな。1枚引き継がせていただこう」とか「海外文学がとても充実している書店だから、店主におすすめを聞いて買ってみよう」、「都内でも取り扱い店が多い窯元の器だ。だけど、この形は見たことなかった! 買おう買おう」など、旅先で購入したものを家で眺めては、そのときの記憶が蘇ってきます。観光地に行くわけではないので、誰かに話して盛り上がれるようなエピソードは生まれませんが、それでこそ“自分だけの旅”。下手すると写真の一枚も撮らずに帰ってきてしまうものの、その旅は確かに翌日からの暮らしの一部になって、家のあちこちに旅の思い出が積み重なっていきます。

 盛岡、鎌倉、松本、尾道、熊本、那覇……、美しい暮らしのある町を旅した今回の特集。熊本出身鎌倉在住の僕は、地元といま暮らす場所の取材ページを担当することになりました。知ったつもりの土地でも、発見は尽きないもの。各地の案内人に教えてもらったスポットは、ローカルの人々の生活に溶け込む素晴らしい場所ばかりでした。観光地の紹介はほとんどありませんが、誰かの“自分だけの旅”のきっかけになれば、と自信を持っておすすめできる内容です。ぜひ書店で手に取ってみてください。

 
(本誌編集部/松﨑彬人)

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 127すぐ作りたくなる、手料理のアイデア。2024.05.20 — 930円