ドットにリボン、淡い彩りが心地よい”色のうつわ”。「田中信彦 陶展」うつわ楓 – この週末、買いに行きたい器。 vol.3 | Article | & Premium (アンド プレミアム)

Event

この週末、買いに行きたい器。 vol.3 / November 18, 2021 ドットにリボン、淡い彩りが心地よい”色のうつわ”。「田中信彦 陶展」うつわ楓

This WeekendNovember.20 – November.21, 2021

毎週末、日本各地で行われる器の展示のなかから注目の催しを紹介。11月20日(土)〜21日(日)の週末は、表参道の喧騒を抜けた先に佇む『うつわ楓』で行われる、「田中信彦 陶展」(会期は11月17日〜28日)へ。

 
nobuhikotanaka_1
photo : Kahori Kurihara

テーブルにさり気ない華やかさを加えてくれる、
柔らかなテクスチャーで色付けされた器たち。

 薄手で、絵付けは淡い色合い。繊細さが際立つ田中信彦さんの作品は「色のうつわ」と名付けられ、ポップながらも食卓に寄り添う絶妙なバランスが魅力。波や植物の実といった自然の風景を思わせる有機的な柄は、刷毛や飛び鉋を用いて制作されるもの。使っていないときもディスプレイしておきたくなる作品たちは、軽く、確かなろくろの技術を感じる美しい造形で、実用性も抜かりない。
 今年3月にリニューアルオープンした『うつわ楓』は、かねてより田中さんが定期的に展示を行ってきた場所。「あられポット」など「色のうつわ」シリーズの新作だけでなく、土味を感じる荒磁土の作品や銀彩を施した器、個展ならではの作品など、400〜450点が並ぶ予定。田中さんの引き出しを存分に感じられる展示をお見逃しなく。

PICK UP

「色のうつわ」シリーズから、展示に並ぶ作品たち。
豊かな色彩をブラウンの縁が引き締め、存在感のある仕上がりに。
「色のうつわ」シリーズから、展示に並ぶ作品たち。 豊かな色彩をブラウンの縁が引き締め、存在感のある仕上がりに。
「色のうつわ」シリーズから、展示に並ぶ作品たち。
豊かな色彩をブラウンの縁が引き締め、存在感のある仕上がりに。
「色のうつわ」シリーズから、展示に並ぶ作品たち。 豊かな色彩をブラウンの縁が引き締め、存在感のある仕上がりに。
「色のうつわ」シリーズから、展示に並ぶ作品たち。
豊かな色彩をブラウンの縁が引き締め、存在感のある仕上がりに。
「色のうつわ」シリーズから、展示に並ぶ作品たち。 豊かな色彩をブラウンの縁が引き締め、存在感のある仕上がりに。
「色のうつわ」シリーズから、展示に並ぶ作品たち。
豊かな色彩をブラウンの縁が引き締め、存在感のある仕上がりに。
「色のうつわ」シリーズから、展示に並ぶ作品たち。 豊かな色彩をブラウンの縁が引き締め、存在感のある仕上がりに。
「色のうつわ」シリーズから、展示に並ぶ作品たち。
豊かな色彩をブラウンの縁が引き締め、存在感のある仕上がりに。
「色のうつわ」シリーズから、展示に並ぶ作品たち。 豊かな色彩をブラウンの縁が引き締め、存在感のある仕上がりに。
「色のうつわ」シリーズから、展示に並ぶ作品たち。
豊かな色彩をブラウンの縁が引き締め、存在感のある仕上がりに。
「色のうつわ」シリーズから、展示に並ぶ作品たち。 豊かな色彩をブラウンの縁が引き締め、存在感のある仕上がりに。
「色のうつわ」シリーズから、展示に並ぶ作品たち。
豊かな色彩をブラウンの縁が引き締め、存在感のある仕上がりに。
「色のうつわ」シリーズから、展示に並ぶ作品たち。 豊かな色彩をブラウンの縁が引き締め、存在感のある仕上がりに。
 

EVENT INFORMATION

「田中信彦 陶展」

場所:うつわ楓(東京都港区南青山4-17-1 1F)
会期:11月17日(水)〜11月28日(日) 12:00~19:00 
*作家在廊は17日(水)、20日(土)を予定。11月22日(月)は店休。
問い合わせ電話番号:03-3402-8110

詳細はこちら
Latest Issue静かに過ごす時間が、必要です。2021.11.19 — 880円