Book

台湾在住の文筆家・栖来ひかりさんの新刊 『台湾りずむ 暮らしを旅する二十四節気』が発売。July 26, 2023

台湾りずむ 栖来ひかり 1

四季を彩る台湾の文化と暮らし、そして「今」。

 2006年より台湾・台北に在住し、現地の暮らしを丁寧に見つめてきた文筆家・栖来ひかりさん。『台湾りずむ 暮らしを旅する二十四節気』は、台湾の歴史や文化、そして「今」について、四季折々の歳時記を通して紹介する一冊だ。編集を担当したのは、沖縄・宜野湾の『カフェ ユニゾン』のオーナーであり、本誌でも活躍する三枝克之さん。立春、雨水、啓蟄……と順に綴られる現地の十二ヶ月の様子を通して、移ろう日々を慈しむ、台湾の暮らしのリズムが伝わる構成になっている。

二月、立春から一冊がスタート。味わい深いイラストも著者が手がけた。
二月、立春から一冊がスタート。味わい深いイラストも著者が手がけた。
春節に飾る紙の縁起物『春聯』や提灯などが街に溢れ、赤に染まる旧正月。”赤”が多用される理由を解説。
春節に飾る紙の縁起物『春聯』や提灯などが街に溢れ、赤に染まる旧正月。”赤”が多用される理由を解説。

 
 節気をさらに細分化した「七十二候」とともに、台湾の人々の暮らしぶりを描き出す本書。その細やかさは現地に長年暮らす著者ならではで、日本との共通点や違いも分かりやすく示されている。例えば「端午節(端午の節句)」。日本では鯉のぼりを飾るが、台湾では「香包」と呼ばれる人形型の香り袋を子どもの首にかけて厄を祓う。香包から漏れる白檀の匂いが漂う様子は、「香り」の風物詩だ。

本書に収録のイラストより。二月、雨水の頃、北部平溪地区で催される「放天燈(ばんてん)」。家族や世の中の平安を祈り天燈を空に上げるこの行事目当てに、現地を訪れる観光客も多い。
本書に収録のイラストより。二月、雨水の頃、北部平溪地区で催される「放天燈(ばんてん)」。家族や世の中の平安を祈り天燈を空に上げるこの行事目当てに、現地を訪れる観光客も多い。
一月、小寒。味付けや素材のバラエティが豊かな、冬の定番料理「火鍋」の話。台湾北部の港町・基隆(きいるん)へ、この地域独特の味を訪ねる旅へ。
一月、小寒。味付けや素材のバラエティが豊かな、冬の定番料理「火鍋」の話。台湾北部の港町・基隆(きいるん)へ、この地域独特の味を訪ねる旅へ。
七月、小暑。建物の一階部分に設けられた、アーケードのように通り抜けできる回廊上の空間「亭仔脚(てぃんあーかぁ)」の話。晴天と驟雨を繰り返す亜熱帯気候が生んだ、伝統的な建築様式だ。
七月、小暑。建物の一階部分に設けられた、アーケードのように通り抜けできる回廊上の空間「亭仔脚(てぃんあーかぁ)」の話。晴天と驟雨を繰り返す亜熱帯気候が生んだ、伝統的な建築様式だ。

ガイドブックよりも一歩踏み込んだ描写に、現地の風景が浮かび上がる一冊。知られざる台湾の表情を見つけに、本書を片手に旅に出かけたい。

BOOK INFORMATION

『台湾りずむ 暮らしを旅する二十四節気』

著者:栖来ひかり
価格:本体1800円+税
仕様:四六判 208ページ
発行:西日本出版社

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 125スタンダードと、センス。2024.03.19 — 930円