Food

December 25, 2022 モデル・小谷実由さんの甘い時間。
『コーヒーハウス トム』のジジロアセット。 &Coffeebreak 喫茶店のこと、そしてコーヒーの話 。

2022年12月6日発売の『&Premium』の特別編集MOOK「喫茶店のこと、そしてコーヒーの話」。 ほっと一息つくときに、甘いものは欠かせないもの。空間やコーヒーの味もさることながら、その喫茶店でしか味わえない心に残ったスイーツメニューをモデルの小谷実由さんに聞きました。

モデル 小谷実由の『コーヒーハウス トム』のジジロアセット, 甘い時間。 Sweet Treats

身近で特別。甘くて苦いドーナツ形の一皿。

 この喫茶店に通っていたのは、まだ代々木にあった頃のこと。近所に住んでいたので、ふらっと買い物帰りに立ち寄って読書したり、仕事帰りに夫と待ち合わせをしたり。ここで、結婚を控えた友人から婚姻届の証人になってほしいと相談されたこともありました(笑)。木目調の温かみのある店内が居心地が良くて、もう一つのリビングみたいに日常的に使っていましたね。そして、席に着くなりいつもお店の方に確認するのが、今日はジジロアがあるかどうか。ジジロアとは、ババロアをコーヒー味にしたもので、つるんとした食感のほんのり甘い生地にしっかりとコーヒーの味が染み込んでいて、甘さと苦さのバランスがちょうどいいんです。数に限りがあり、売り切れてしまっていたり、まだ固めている途中で「あと1時間でできるよ」と言われたり、時には型が足りないからと、ドーナツ形でなく四角い形で出てきたり(笑)。あくまでもお店のペースで作られているのも人間味あふれる昔ながらの喫茶店らしいところ。「ババ」ロアに対して、「ジジ」ロアと付ける、洒落の利いたネーミングにもグッときます。夫と行ったときは、ジジロアとババロアを1個ずつ頼んで、食べ比べをするのが至福でした。

 代々木のお店は、日常の思い出が詰まった特別な場所。だから、閉店したときは寂しかったですが、移転したと聞いて嬉しかったですね。家からは離れてしまいましたが、恩返しも兼ねて、少し時間をかけて足を運んでみたいです。

 
コーヒーハウス トム

1971年に東京・代々木で創業。2021年8月に調布に移転。代々木の店から使っている家具などもあり、雰囲気を残している。コーヒーぜんざいやキウイソースがかかったババロアセットなど個性的なスイーツが揃う。
▷東京都調布市深大寺東8 ☎042−485−1740 9:00〜20:00(土日祝11:00〜) 不定休

Coffee House TOM
 

小谷実由
Miyu Otani

『GINZA』や『装苑』など、ファッション誌やカタログ・広告を中心に、モデル業や執筆業で幅広く活躍。一方で、さまざまな作家やクリエイターたちとの企画にも取り組んでいる。愛称はおみゆ。猫と純喫茶をこよなく愛する。

掲載号はこちら

photo : Tetsuo Kashiwada text : Emi Fukushima

Latest Issue楽しく部屋を、整える。2023.01.20 — 920円