Culture

音楽家・青葉市子さんがニューシングル「海底のエデン」を配信リリース。September 02, 2020

海底のエデン

表情豊かな鍵盤の音と歌声。
新境地を感じさせる一曲を自主レーベルよりリリース。

本ウェブサイト連載「Choe」でおなじみの音楽家・青葉市子さん。活動10周年を迎えた今年は自主レーベル「harmine」を立ち上げるなど精力的な活動を続けていたが、ついに9月2日(水)に待望のニューシングル「海底のエデン」を配信リリースした。

クラシックギターを奏でる姿が印象的だった彼女が、今回は鍵盤での弾き語りで楽曲を制作。幻想的な詩と耳元を撫でるような歌声が、ゆったりとした旋律の上でより輝く一曲に仕上がっている。

ジャケット写真は、連載「Choe」でもタッグを組む写真家・小林光大さんによる撮り下ろし。録音及びミックス・マスタリングは、前作のシングル「amuletum bouquet」に続き、エンジニア葛西敏彦(studio ATLIO)が担当した。また、今年7月に配信ライブを行った Ginza Sony Park 「Park Live」より「海底のエデン」アーカイブ映像も公開中

SINGLE INFORMATION

海底のエデン

作詞・作曲:青葉市子
レーベル:hermine
リリース日:2020年9月2日
*各配信サイトにて「ダウンロード」及び「ストリーミング」にて配信。
 配信先はこちら。

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 124やっぱり、ひとりでも京都。2024.02.20 — 930円