Lifestyle

December 07, 2022 『STROLL』オーナー、小椋えりかさんの
自然素材で作った和モダン土間キッチン。

いい台所とはなんでしょうか? 使い勝手はもちろん、収納のアイデアや片付けのしやすさ、空間としての心地よさ……など、その基準はきっとさまざまです。暮らしを大切にする人たちの、台所の実例集を集めた2022年11月発売の特集「台所、使い勝手と、心地よさ」より、『STROLL』オーナー、小椋えりかさんのキッチンをご紹介します。

PRACTICAL KICHENJAPANESE MODERN

NAME Erika Ogura  OCCUPATION Shop Owner

 
器と生活道具の店『STROLL』のオーナー、小 椋えりかさんが空間全体をコーディネートした台 所。自分で探し出した地元の建築士に相談し、素 材の選択、什器のサイズ、動線にこだわり、思い 描いていた理想の台所を緻密にデザインした。『STROLL』オーナー、小椋えりかさんの自然素材で作った和モダン土間キッチン。アンドプレミアム 台所、使い勝手と、心地よさ
器と生活道具の店『STROLL』のオーナー、小 椋えりかさんが空間全体をコーディネートした台 所。自分で探し出した地元の建築士に相談し、素 材の選択、什器のサイズ、動線にこだわり、思い 描いていた理想の台所を緻密にデザインした。
 

飾ったり、整理したり、目に映る景色を心地よく。

 

玄関の格子扉を開けると、目に飛び込んでくるのは、真ん前にあるアイランドキッチン。洗い砂利を敷き詰め広くスペースが取られた土間、柔らかな光が差し込む天窓、日本の伝統の建具である簾戸、 本桜(山桜)で作られたダイニングテーブル——。台所のみならず、周りの空間は旅館のような和モダンな風情で日々、心静かに過ごせるような工夫が隅々までなされている。そんな上質なしつらえを考えたのは、愛媛県松山市で器と生活道具の店『STROLL』を営む小椋えりかさんだ。

「店舗を持つ以前は、自宅を開放して店を営んでいました。それもあって、台所がリビングとダイニングの中央にある配置になっています。生活をしていると、色付きの製品が多くなりがちなので、木や石など、自然の中にある素材でまとめたい想いもあって。壁は漆喰を塗ろうか迷いましたが、結局土壁を採用して色のトーンの調和を意識しました」

台所の前面に造作した収納棚の材質は本桜を選んだ。10年以上使った経年変化の味わいが出てきている。 奥に置かれた食器棚は朱理桜の木を使って職人に作ってもらったそう。 「義祖父が材木関係の仕事をしていたこともあり、手元にあった木材を活用しました。収納棚には、器や古道具などを飾って、眺めたときに楽しげになるように。趣味で弾いているピアノの楽譜、器や住宅にまつわる本なども置いています。食器棚のデザインは設計士と一緒に考えて、中身が見えすぎない雰囲気のあるガラスを海外から取り寄せました」

妥協のない細部へのこだわりが、美意識の根幹となっているのだろう。 「飾ったり、整えたりするのが、元来好きですし、素材そのものが持つ魅力に惹かれます。自分には、機能性よりも、見た目が気持ちいいかが大事。それもあって、冷蔵庫は通路の見えづらいところに置きました」

  物が少ないとはいえない台所ゆえ、キッチンカウンターの通路を挟んだ 奥に半地下の食品庫も作った。

「乾物類、土鍋、キッチン家電などかさばるものは全部ここに。メインの台所をシンプルに使えるので重宝してます」

 
食品庫には乾物がずらり。「『ダイソー』で購入した瓶はサイズがちょうどよくリピート買いしています(笑)」
食品庫には乾物がずらり。「『ダイソー』で購入した瓶はサイズがちょうどよくリピート買いしています(笑)」
健康のため、塩麹、醤油麹造りが習慣に。 「〈ビタントニオ〉のヨーグルトメーカーを使うと、すごく簡単に作れます」
健康のため、塩麹、醤油麹造りが習慣に。 「〈ビタントニオ〉のヨーグルトメーカーを使うと、すごく簡単に作れます」
既存のレンジフードに気に入るものがなく、ベージュカラーのものをオーダーで誂えた。スリップウェアのカトラリースタンドは、松原竜馬の作品。
既存のレンジフードに気に入るものがなく、ベージュカラーのものをオーダーで誂えた。スリップウェアのカトラリースタンドは、松原竜馬の作品。
茶道を習い始めてから、鉄瓶でお湯を沸かし、抹茶を点てることも。
茶道を習い始めてから、鉄瓶でお湯を沸かし、抹茶を点てることも。
手仕事の痕跡を感じられる角田淳の白磁の醤油差し。食卓の風景を美しく、上品にしてくれる。「左のものは、オリーブオイル入れとして使っています」『STROLL』オーナー、小椋えりかさんの自然素材で作った和モダン土間キッチン。アンドプレミアム 台所、使い勝手と、心地よさ
手仕事の痕跡を感じられる角田淳の白磁の醤油差し。食卓の風景を美しく、上品にしてくれる。「左のものは、オリーブオイル入れとして使っています」
台所まわりの道具では、器の量が多いという小椋さん。収納量多めのメインの食器棚とサブの収納棚を使い分けて整理した。『STROLL』オーナー、小椋えりかさんの自然素材で作った和モダン土間キッチン。アンドプレミアム 台所、使い勝手と、心地よさ
台所まわりの道具では、器の量が多いという小椋さん。収納量多めのメインの食器棚とサブの収納棚を使い分けて整理した。
 
PROFILE

小椋えりか 『STROLL』オーナー

日本各地の作家の工房を訪ね歩き、琴線に触れた器、実用性、アート性がある生活道具をセレクトし、実店舗で販売。空間ディスプレイの仕事も行う。

小椋えりか
 

photo : Tetsuya Ito edit & text : Seika Yajima

掲載号はこちら
Latest Issue楽しく部屋を、整える。2023.01.20 — 920円