Interior

〈カリモク家具〉、〈エンダースキーマ〉etc。美しく機能的なプロダクトを部屋に。July 05, 2023

KARIMOKU wood trolley

細部まで美しい、〈カリモク家具〉のトロリー。

老舗木製家具メーカー〈カリモク家具〉が展開するライフスタイルコレクション”カリモクケーススタディ”。新作のトロリーは、スウェーデンのレストランのために制作されたもの。寺社仏閣にある傘立てや下駄箱からインスピレーションを得た直線的な構造が美しく、オーク材の質感や、ハンドルを覆うペーパーコードに温もりが漂う。

トロリー[W45×D65×H80.2㎝]¥158,400(カリモク家具 ☎0562−83−1111)

HENDER SCHEME magazine bag

使うほど持ち手に味が出る〈エンダースキーマ〉のマガジンバッグ。

〈エンダースキーマ〉からマガジンバッグが登場。ボディには高密度に織られた上品な質感の帆布素材を採用。植物タンニンでなめしたレザーの持ち手が重厚な雰囲気も添え、インテリアの一部になるデザインに。裏面にはビニールコーティングが施されているので汚れが付きにくく、しっかりと自立する構造も使いやすさの鍵。

マガジンバッグ[W33×D25×H26㎝]¥39,600(スキマ 合羽橋 ☎03−6231−7579)

KAPOK KNOT blanket

木の実由来の新素材で優しい温もり。〈カボックノット〉のブランケット。  

軽量で吸湿発熱性に優れた、木の実由来のサステナブルな新素材”カポック”を用いたアイテムを展開する〈カポックノット〉。中綿にカポックを使ったブランケットは、ふわりとした使い心地。表地はオーガニックコットンで、さらりとした肌触りも嬉しい。膝掛けにもいい大きさで夏は冷房対策にも役立つ。

ブランケット[68×100㎝]各¥17,000(カポックノット ミヤシタパークストア ☎03−6450−6588)

photo : Eri Kawamura styling : Mari Nagasaka text : Yasuko Mamiya
※この記事は、No. 116 2023年8月号「&selection」に掲載されたものです。

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 124やっぱり、ひとりでも京都。2024.02.20 — 930円