Beauty

常識を超えた圧倒的な赤の化粧液「オイデルミン」。&Beauty キレイの理屈 〈資生堂〉February 26, 2023

SHISEIDO | EUDERMINE ESSENCE LOTION
SHISEIDO | EUDERMINE ESSENCE LOTION
〈資生堂〉が1897年に初めて発売した化粧品、赤い化粧液の「オイデルミン」が、スキンケア性能とサステナビリティの両面における革新的な技術を搭載して新発売に。SHISEIDO オイデルミン エッセンスローション 145㎖ ¥9,680*3月1日発売(SHISEIDOお客さま窓口 0120−587−289)

 常に業界を牽引してきた、日本が世界に誇る化粧品会社〈資生堂〉が、最初の製品として「オイデルミン」を発売したのが1897年。ギリシャ語で「オイ=よい、デルマ=皮膚」から、健やかで美しい肌を実現する化粧液として命名され、女性の肌を126年の間支えてきた。100周年の1997年にバージョンアップし、2022年の資生堂150周年には限定パッケージを発売。そして2023年3月1日に、「オイデルミン エッセンスローション」が誕生する。企業名である〈SHISEIDO〉ブランドから発売する〈資生堂〉を代表するプロダクト。今回掲げられたコンセプト「圧倒的な化粧液であること」という超がつく高いハードルをクリアするために、現有する最高峰のテクノロジーが注がれた。
 まず最先端技術だが、20年にわたり毛細血管のメカニズムについて研究していたなかで、毛細血管が表皮再生を促しているという新知見を発見。これをもとに、3つのキー成分を厳選し、世界初の技術、アクティブREDテクノロジーとして搭載する。3つの成分とは、毛細血管を強化するユズエキス、化粧品に初配合される独自のケフィア発酵エキス、〈資生堂〉の美白有効成分4MSKだ。これが皮膚内部に働きかけ、美肌を生み出すメカニズムにパワフルにアプローチする。より効果的な使用方法として、顔全体に浸透させた後に、指の腹でタッピングするのもおすすめだ。
 さらにすごいのが、世界一の乳化技術を誇る同社が開発した、とろみがありながら素早く浸透する極上のテクスチャー。保湿力を実感しながら成分すべてが肌に入ったかのような使い心地は、まさに”圧倒的”。また、レモンやイランイラン、ローズ、マグノリアなど多数の香りを組み合わせたモダンなフローラルの香りもなんとも心地いい。さらに、嗅ぐだけで血行を促すというジャスミンが配合されているというから抜かりがない。
 テクノロジー、効果、香り、使用感と全方位で完璧な化粧液が仕上がったわけだが、実はもう一つ、サステナビリティの新しい試みとして、世界初の新規容器技術を採用。一般的な詰め替えではなく、”付け替え”をすることで、使用後に廃棄するプラスチック量の92%削減を実現した。
 異次元の圧倒的な化粧液、まずは、その一滴に宿るパワーを自身の肌で体感してみてほしい。

文/久保直子
くぼ・なおこ/ウェルネス&ビューティジャーナリスト。植物療法(フィトテラピー)をツールに、ココロカラダハダケアについて独自発信。

※この記事は、No. 112 2023年4月号「&Beauty」に掲載されたものです。

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 125スタンダードと、センス。2024.03.19 — 930円