Fashion 自分の好きを身に付ける。

ブッチャーストライプに歴史を感じる、〈ラッシュブルックス〉のエプロン。:&days よい一日を、このアイテムと。June 15, 2024

〈ラッシュブルックス〉のエプロン。:&days よい一日を、このアイテムと。

必要十分に機能的な、定番エプロン。

キッチンに立つのがたまに億劫なときも、ブッチャーストライプが目に入るとやる気が出てくるから不思議だ。ロンドン最古の肉市場、スミスフィールドマーケットで働く人々に長きにわたり愛される〈ラッシュブルックス〉のエプロンは、大容量のポケットが付いていたり、首掛けの長さを調整できたりと、必要十分に機能的。厚手でハリのある生地感で、きゅっと腰紐を絞ったときの感触もいい。¥7,480(マークスインターナショナル ☎03−6861−4511) シャツシャツ¥29,700(A.P.C./アー・ペー・セー カスタマーサービス ☎0120−500−990)、フライパン∅24㎝¥7,150(中尾アルミ製作所 ☎03−5830−2511) その他スタイリスト私物

fashion direction : Mitsuru Kurosawa photo : Kohei Yamamoto hair & make-up : Rumi Hirose model : Hiromi Ando (mille management)

※この記事は、No.127 2024年7月号に掲載されたものです。

Pick Up 注目の記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 128日本の美しい町を旅する。2024.06.20 — 930円