Event

マテリアルとしてのゴールドの魅力を捉え直す展覧会「A Piece of Gold」が開催。February 21, 2023

A Piece of Gold 正光亜実 AMI MASAMITSU ワコールスタディホール京都

国内外の現代デザイナーが創意工夫した、ゴールドジュエリーの美しさを体感する。

「パンデミック、ロシアによる軍事侵攻などによって世界情勢、経済は揺れており、その影響で“金の価格”も上昇しています。2022年4月13日には一時1グラム当たり¥8,014という過去最高値を更新したという情報が公開されました」そう語るのは、本誌や「&MOVIE 極私的・偏愛映画論」に寄稿してくれた、ジュエリーブランド〈AMI MASAMITSU〉デザイナーの正光亜実さん。

金の価格の潮目が変わりつつある今、彼女は京都とロンドンを拠点にするデザインファーム〈Anyhow〉がプロデュースしているイベントにて“A Piece of Gold”を企画し、マテリアルとしてのゴールドの魅力に新たな視点でアプローチしている。

需要に見合った金が採れなかった時代には、いかに少ない量の金でボリュームのある華やかなジュエリーを作れるのかが金細工師たちの腕の見せ所だったというが、歴史が巡り、当時の金細工師たちのように作り手の技量、表現力が試される時代になっているのだと自らを取り巻く環境について正光さんは俯瞰する。

こうした状況下にあることを決して悲観することなく、いま、何ができるのかを問い直す——作り手の“デザインスキル”にフォーカスした展覧会を2月22日(水)より『ワコールスタディホール京都』にて開催。国内外の現代デザイナーが集い、さまざまな技巧やアイデアを用いて創意工夫されたジュエリーを発表する。

艶やかな光沢感を与える装身具としての魅力、時代環境に起因する価値観が投影されたジュエリーを一堂に見ることができる貴重な機会をお見逃しなく。京都に旅に出かける際に、ぜひ訪れてみてはどうだろう。

A Piece of Gold 正光亜実 AMI MASAMITSU ワコールスタディホール京都
A Piece of Gold 正光亜実 AMI MASAMITSU ワコールスタディホール京都
A Piece of Gold 正光亜実 AMI MASAMITSU ワコールスタディホール京都

EVENT INFORMATION

『A Piece of Gold』
会期: 2023年2月22日(水)〜3月20日(月)
時間: 10:00〜20:00  土・日・祝休
会場:「ワコールスタディホール京都」(京都府京都市南区西九条北ノ内町6 ワコール新京都ビル 1階) [アクセス] 京都駅八条口より徒歩7分 
入館料: 無料
出展者:AMI MASAMITSU (JP) ATAKA (JP)DAN TOMIMATSU (JP) HARUKO KURIHARA (JP) HONGXIA WANG (DK) KIM BUCK (DK) LUCIE GLEDHILL (UK) MARC MONZO (ES) MARTA BOAN (ES) SAYUMI YOKOUCHI (JP) SCARLETT ZHANG (UK)

text : Seika Yajima

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 125スタンダードと、センス。2024.03.19 — 930円