Water南アルプス「水の山」通信

vol.11 / September 19, 2017 山梨・北杜より「どの山を背負っているかで、人は決まる」

11-main-image
観光客に人気の甲斐駒ケ岳をイメージした「白州ブレンド」。白砂さんがネルドリップで丁寧に淹れてくれた。

南アルプスの麓にある『ケルンコーヒー』は旅行者や地元客で賑わう喫茶店。山の稜線や山頂の積み石を「ケルン」と呼ぶ。店名の由来を尋ねると、オーナーの白砂行教さんは「親父に名前の由来なんて聞かなかったな。父は戦争から引き揚げてきた。その世代の楽しみは山登りぐらいだったから」と笑う。

店舗脇の焙煎所では毎晩、白砂さんが焙煎をしている。東京の大学を卒業後、家業を手伝うようになった。
「地元に戻ると、水のうまい場所なんだと改めて思った。土地にずっといるとわからないもんです。だって、水道をひねればおいしい水が出てくるんだもん」と、屈託なく笑うが、独学で極めた焙煎の腕前の確かなことは、全国にファンがいることが証明している。

「でもね、お客さんがここでコーヒーを飲むでしょう。それで豆を買っていってくれるんだけど、後日『本当にあのとき飲んだコーヒーの豆ですか?』って言われたことがあった。……水が違うんだから、ここの水で淹れるしかないねえ」

特に南アルプスの自然を意識はしないという白砂さんだが「背中にどの山を背負っているかで、人は決まってくるかも」と、ぽつりとつぶやいた。

この地域には富士山、八ヶ岳、甲斐駒ヶ岳といった山々がある。どの山を見て感じて生きているかは、大きく人に影響するだろう。白砂さんがおおらかで逞しいのは、やはりこの地で生きているからなんだろうなと感じた。


今月の人/焙煎士

白砂行教

Yukinori Shirasuna 白砂行教

ケルンコーヒー代表。大学卒業後、家業の喫茶店に就職。独学で焙煎を追求し、米国製の焙煎機を導入。毎日閉店後、午前2時頃までテレビのニュースを見ながら焙煎作業を行う。ファンは北海道から沖縄まで全国に。
ケルンコーヒー ☎0551−3‌5−4110
 
photo : Koh Akazawa text : Hideki Inoue edit : Akio Mitomi