『ル・ベスベ』店長 木津谷 優子


May 01, 2022 春夏秋冬、花を飾るときにやらかしがちなこと。

切り花を飾ることは難しいことではないものの、花によっては例外があることも。いつもと同じ飾り方なのに不調になったり、長持ちさせるチャンスを逃していたり、やらかしてしまいがちなNGな花の扱い方について、専門家が季節ごとにレクチャー。

基本と例外を知って、
季節に合わせた飾り方を。

 せっかく買った花々だから、できるだけ長く健康に飾りたいもの。まずは切り花を扱う上での原則を、花屋『ル・ベスべ』の店長、木津谷優子さんに教えてもらった。
「買ってきた花を花瓶に移し替えるところから説明しましょう。まず、花瓶にはたっぷり水を入れることが基本。水が切れないよう、花瓶の半分以上入れるといいですよ。花を挿したら、次は置き場所ですね。おすすめは日陰の涼しいところ。くれぐれも直射日光に当てないでください。水が濁って花が弱ってしまうので、高温多湿の環境は厳禁。また、花には刺激が強すぎるので、冷暖房や扇風機の風が当たる場所も避けましょう。飾った後もこまめに水替えして、花瓶の中は常に清潔に」
 これらを押さえれば大抵の切り花は上手に飾れる。ただし、例外もあり、季節によって気をつけたいことも異なる。この違いまでマスターできれば、もう、花をダメにすることもなさそうだ。

 

 

春によく出回る根付きの球根も、
たっぷりの水に浸けて飾る。

dfflower-2205-img01
ここ数年、花屋でよく見かけるようになった球根付きの花。チューリップやヒヤシンスなど馴染みのあるものばかりだから、切り花同様、たっぷり水を入れた花瓶に挿そう。「"水はたっぷり"が基本なのですが、これは例外。球根付きの花を茎まで水に浸けると、茎や球根が腐りやすくなってしまうのです。だから球根の先から伸びる根だけ水に触れていればOK。皿に薄く水を張って飾ることもできますよ」
 

気温が上がりどんどん蕾が開くチューリップ。
調子が良さそうだから暖かい場所に飾ろう。

dfflower-2205-img02
春といえばチューリップ。気温が上がるにつれてぐんぐん蕾がふくらむから、暖かい窓辺に飾ってみると快調に開花。しかしそのまま置いていたら、1週間と持たずに開ききって散ってしまった。「チューリップやアネモネといった花は、20℃ほどの気温で勢いよく花開きます。とはいえ長持ちさせたいなら、暖かい環境に置きっぱなしではダメ。花が開きかけたタイミングで涼しい場所に移動させましょう」
 
 

 

花瓶の内側に水滴が付いて曇っている。
茎がしっかり呼吸している証拠かな。

dfflower-2205-img03
よく見たら、花瓶の口の内側に水滴が。夏らしくぐんぐん水を吸って、茎も呼吸しているのだろうか。水量が減らないように気をつけよう。「花瓶の内側が曇るのは茎が呼吸しているからではなく、花瓶の中の温度と湿度管理ができておらず、蒸れている証し。そのまま放置すると茎が腐ってしまうこともあります。花瓶に挿す本数を減らすか、口の大きな花瓶に移し替えて風通しをよくしてあげましょう」
 

夏を感じるヒマワリの切り花。
暑いから花瓶の水量を増やして飾ろう。

dfflower-2205-img04
夏の気持ちよさを象徴するような花、ヒマワリ。いつも以上にたっぷり水をあげれば涼を感じられてますます素敵だ。あれ、頭が垂れてきたけれど、花が重たいからかな? 「これもまた、"水はたっぷり"の例外のひとつ。ヒマワリやガーベラのように、うっすら毛がある茎は大量の水に浸けると腐りやすいのです。夏は水の濁りにも気をつけたいので『水量は少なめに、水替えはこまめに』と意識しましょう」
 
 

 

秋の小花、ワレモコウが茶色に変化。
元気がなさそうだから捨ててしまおう。

dfflower-2205-img05
ワレモコウの花が開いてきたと思ったら、茎に近い部分から茶色に変わってしまった。乾燥してきた空気にダメージを受けたのかも。残念だけど、捨ててしまうか……。「秋を告げるワレモコウの花は茶色くなりやすいのですが、実は特別強く傷んでいるわけではありません。まだまだ飾り続けてもいいですし、この花や野バラの実など、秋に出回る品種はドライフラワーまで楽しめるものも多いですよ」
 

秋らしい枝ものは大きな花瓶で飾りたい。
重くて水替えが大変だから、水量は少なめで。

dfflower-2205-img06
種類によっては紅葉も楽しめる枝ものは、秋らしさが感じられていいものだ。大ぶりなものを買ってみたけれど、花瓶も大型になるから水替えに一苦労。水は少なめでいいか。「枝ものは丈夫だと思っている方も少なくないようですが、実は水の消費が激しいんです。重たくて水替えも大変ではあるのですが、大きな花瓶でもたっぷりと水を入れて、不足していないかこまめに見てあげてください」
 
 

 

真冬はさすがに花にとっても寒いはず。
朝晩くらいは暖房の近くへ移動してみる。

dfflower-2205-img07
10℃を下回る冬の寒さは花にもこたえそう。花にしても涼しいというより寒いのでは……。直射日光は避けたほうがいいから、ストーブの近くに飾ってみよう。「切り花は、暖かさと乾燥のどちらも苦手です。だから暖房付近は過酷な環境。直射日光が当たらない窓辺など、冬でも多少『寒いかな?』と感じる場所でOK。また、冬は空気が乾燥して想像以上に水が減るので注意しましょう」
 

クリスマスだけじゃもったいないリース。
そのままドアに掛けて飾っておこう。

dfflower-2205-img08
クリスマスリースを飾れる時季はほんの一瞬。すぐ外してしまうのも寂しいし、丈夫な気もするから、クリスマスが終わってもしばらく玄関先に掛けておこう。「気持ちはわかりますが、それはおすすめできません。ドアの開閉による風や木枯らしは、草花には刺激が強すぎるのです。それにリースやスワッグに使われるドライの草花も意外と脆く崩れやすい。できるだけ早く室内に入れましょう」
 

illustration : Hiroko Shono text : Ryota Mukai
*2022年4月20日発売『&Premium』6月号「花を飾る、緑と暮らす。」より。

掲載号はこちら

Dos & Don’ts 01 / April 28, 2021 花を飾るときにやらかしがちな、8つのこと。

ステイホームの時間も増え、花と緑を部屋に迎える機会が増えたこの頃。なかには、「なぜか元気がない……」と原因の分からないままに枯らしてしまった方もいるのでは。
ここでは、初心者がやりがちな植物にまつわるNG行為をプロが解説。花を飾るときの失敗について、東京・南青山の花屋『ル・ベスベ』の店長・木津谷優子さんが教えてくれた。
*2021年4月20日発売『&Premium』最新号「花を飾ろう、緑を育てよう」収録記事より。

 

NG1
花にも光が必要なはず!
直射日光の当たる場所へ飾ってみる。

花にも光が必要なはず!直射日光の当たる場所へ飾ってみる。
もともとはそれぞれの植物に付いていた花。そう考えると、太陽の光は”恵み”だと思ってしまうもの。せっかくきれいな花だから、部屋に飾るときは日陰ではなくて、日射しが入る窓際に飾りたいとも思ってしまう。そうだ、たまにはベランダなどの直射日光が当たる場所に出してあげたりして……あれ、ちょっと元気がなくなってきた? 「日に当ててあげたい気持ちはわかるのですが、むしろ太陽の光に当てすぎるのは花にとって悪いこと。花は高温の環境が苦手なんです。特に直射日光は花と花瓶の中の水の温度を上げてしまうので、できるだけ避けてください。部屋の様々な場所に飾りたいところですが、花の元気を保つことを考えれば、日陰で涼しいところがベター。マンションなどでは玄関が適していることが多いです。ちなみに、これは”切り花”の話。鉢に植えている花は日に当ててあげましょう。フラワーショップでも大抵、切り花は屋内に置いてあり、鉢植えは屋外に並んでいますよね」
 
 

NG2
風通しよく、
エアコンや扇風機の風も直接花へ。

風通しよく、エアコンや扇風機の風も直接花へ。
風通しが大事、とはよく聞くけれど、フラワーショップと同じように常に家の窓を開けっぱなしにしておくわけにもいかない。近頃はむしろ気密性の高い家が多いし、窓からすきま風も入らない。風通しを確保するには、エアコンやサーキュレーターをつけて、時には風が花に当たるようにしたほうがいいのでは……? 風になびく花もなんだか気持ちよさそうだ。「”風通し”は大切ですが、風を”当てる”必要はありません。直接当ててしまうと、刺激が強すぎて、花にダメージを与えてしまいます。窓を開けたりして適度に換気する程度が望ましいです。ただし、湿度を上げないことも同じくらい大切。花びらがカビてしまうこともあるくらい、花は湿気に弱いもの。梅雨は特に気をつけたいですね。この時季、店ではエアコンの設定をドライにして除湿をしています。風通しも湿度も、目安は自分自身が暮らしていて気持ちいいと感じるくらい。それが花にとっても快適なのだと思ってください」
 
 

NG3
花切りばさみを用意するのが面倒。
事務用はさみでカット。

花切りばさみを用意するのが面倒。事務用はさみでカット。

店で茎をカットしてもらうものの、家の花瓶とうまく合わせるには家でも切る必要がある。しかしながら、ついつい花切りばさみを用意するのが面倒で、手持ちの事務用はさみでカットしてしまうことも……。「それはほぼ確実に花をダメにしてしまいます。事務用はさみ程度の切れ味では水が通る道管がつぶれてしまうんですね。花を飾るときには、花瓶と一緒に園芸用のはさみも必ず用意しておきましょう。時に『カッターなら切れ味がよくて、花切りばさみ代わりになりますか?』と聞かれることがありますが、いくら新品のカッターでも難しいと思います。花切りばさみは決してプロだけの道具ではなくて、初心者こそ頼ってほしいです。切り方も簡単で、水を吸う面が大きくなるように茎を斜めにカットするだけ。道管に空気が入らないよう、茎を水に浸けながら切るとよりよいです。茎を新聞紙で巻いてまっすぐに整えてから水中でカットすれば、水の通りが一層よくなりますよ」

 
 

NG4
茎がどっぷりと浸かると苦しそうだから、
花瓶の水を少なめに。

茎がどっぷりと浸かると苦しそうだから、花瓶の水を少なめに。

茎の先端から水を吸い上げるのならば、花瓶の水は少なくてもいいのでは、と考えるのも不思議ではない。花瓶の中にたくさん水を入れたままにしておくのはあまり清潔そうではないし、なんだか茎も苦しそうだし。「そんなことはありません。花を飾ってみると、想像以上に水をグイグイ吸って、花瓶の水があっという間に減ることに気づくはずです。少なくともフラワーベースの半分程度を目安に、もっと多めに入れてもいいくらいです。そのうえで、水替えは毎日行うのが理想ですね。一番ダメなのは水がなくなってしまうこと、と覚えておきましょう。ただし、ガーベラやカラー、ヒマワリなど、品種によっては茎が腐りやすいので、迷ったら購入先のショップに聞くのがベター。ちなみに葉は手でさっと取ってしまって構わないので、水に浸かるほどの高さに付いたものは前もって取り除いておきましょう。水中をシンプルにして、菌が繁殖しづらい環境をつくるといいですね」

 
 

NG5
水を入れているだけだし、
花瓶はわざわざ洗わない。

水を入れているだけだし、花瓶はわざわざ洗わない。
清潔な水を入れていて、しかもまめに替えているのだから、花瓶は洗わずに繰り返し使いがち。洗剤なんて使おうものなら、後にすすぎ残しの化学成分が花に悪影響を及ぼす気がして不安でもある。水替えのときにさっと流せば十分では……? 「花の大敵は道管を詰まらせる雑菌です。そう考えると、花瓶の中の衛生環境を清潔に保つことは花にとってすごく大切なこと。花を挿しているだけでも菌は発生していますし、ひどいと茎を腐らせてしまうこともあるんです。こまめに水替えをするだけでなく、飾っていた花を替えるタイミングを目安に、スポンジに洗剤をつけて花瓶をしっかり洗ってあげましょう。汚れがひどいときには漂白剤に浸けておくのもいいですよ。洗い終えたときに薬剤をきれいに流しておきさえすれば、神経質になる必要はありません。ちなみに、花を飾るときにも水の中にごく少量の漂白剤を混ぜると、殺菌効果のおかげで菌の繁殖が抑えられて、水をきれいに保てますよ」
 
 

NG6
プロが茎や葉をカットしたのだから、
花屋で買ってきたまま飾りたい。

プロが茎や葉をカットしたのだから、花屋で買ってきたまま飾りたい。
花の美しい状態をキープし続けたい。その美の頂点は、店で受け取ったまさにその瞬間。プロがカットした茎、取り除いた葉、このバランスを保ち続けることが、花にとっては一番いいんですよね? 「花の飾り方はもちろん自由ですので、思うままに飾るのが一番です。ただ、茎の半分程度が花瓶に収まるようにカットしてあげると花が安定するので、まずは花瓶と花のバランスがよい長さにしてあげたほうが初心者にとっては安心だと思います。それに茎を切ることは悪いことではなく、水を吸い上げやすくするテクニックのひとつ。水が行き渡っていないと思ったら、どんどん切りましょう。清潔さを保つために茎を水洗いするのもいいですよ。また枝ものは、水が浸かるほうの先を十字にカットすると水を吸い上げやすくなります。可愛いからと手を加えずにいると、かえって花にとってはよくないことも。むしろ、最低限のルールさえ守れば意外となんでもあり。それも花を飾る楽しみのひとつです」
 
 

NG7
仕立ててもらったきれいなブーケ、
そのまま花瓶に挿してしまおう。

仕立ててもらったきれいなブーケ、そのまま花瓶に挿してしまおう。
誰かにもらうだけでなく、自分用に花を購入するときにブーケ状に仕立ててもらうことも。美しいアレンジメントをできるだけ崩したくないから、そのまま花瓶に挿したいところ。たまたまぴったりのサイズの花瓶も持っているし、そのまま挿してしまおう! 「いえいえ、紐で縛ったまま、花瓶いっぱいに詰め込んでしまうのは、花にとっては二重苦です。そのまま飾りたい気持ちもわかりますが、グッとこらえて紐はほどき、花瓶のサイズに合わせて飾りましょう。ブーケを仕立てている紐は水を吸い上げるための道管も締めてしまっていることがあるので、水が花に行き渡りにくくなっています。それと同じく、花瓶の口にぎゅうぎゅうに詰めてそれぞれの茎に圧がかかってしまう環境もNG。水を吸い上げるにあたって障害になりますし、窮屈ゆえに蒸れやすく、花瓶の中の湿度の上昇に繋がるためおすすめできません。とはいえ神経質になりすぎず、口がパンパンにならなければ大丈夫です」
 
 

NG8
花は涼しい環境が好きだから、
いっそ冷蔵庫で保管してみる。

花は涼しい環境が好きだから、いっそ冷蔵庫で保管してみる。
花は涼しい環境が好きで高温多湿は苦手なのはわかっていても、どんどん気温が上がっていくこれからの季節、日中の室内はかなり蒸し暑くなってしまう。かといって、仕事で出かけている間までクーラーをつけっぱなしにしておくわけにもいかないし……。もしかして、日中は冷蔵庫に入れておけばいいのでは? 野菜も冷蔵庫で保管するものなのだから。「確かに花は涼しい環境を好みます。だけど、その適温はせいぜい10℃程度のもので、冷蔵庫だとさすがに寒すぎるんです。家を空けるときに玄関先に移動するなど、少しでも涼しい場所に動かしてあげるだけでも花の持ちはよくなります。また、人に渡す花束をどうしても前日に受け取る必要があって、家で保管しなければならないこともありますよね。そんな時は、冷房で冷やした部屋に置いておくのも手です。花屋のように、肌寒いくらいの室温でOKです。とはいえ、プレゼントをする場合はできるだけ当日に受け取るのがおすすめです」
 

illustration : Hiroko Shono text : Ryota Mukai


『ル・ベスベ』店長 木津谷 優子

2015年より店長を務め、本誌連載「&days」では「今月の花」のアレンジメントも担当している。
▽東京都港区南青山7-9-3 ☎0‌3−5469−5438 11時〜17時 火休

levesuve.com

Latest Issue台所、使い勝手と、心地よさ。2022.11.18 — 920円