toi books — toi books | & Premium (アンド プレミアム)

& Premium (アンド プレミアム)

toi books toi books


選・文 / toi books / September 10, 2020 本屋が届けるベターライフブックス。『ローベルト・ヴァルザー作品集1:タンナー兄弟姉妹』新本史斉、F・ヒンターエーダー=エムデ 訳 (鳥影社)

IMG_6008

冒頭、主人公のジーモンは書店主に自らを饒舌に売り込み見事採用されるが、間もなく嫌気が差して辞めてしまう。その後も職や住処を転々としながらふらふらし続ける彼の姿は、ともすれば駄目人間だ。だが彼の魅力的な語りに耳を傾け、信条に貫かれた気ままな生き方は“今ここ”の尊さを存分に感じるためにあることに気がついたとき、駄目なのは本当に彼なのか? それとも……と、疑問が自分の側に返ってくる。物語や常識の枠から解き放たれ、極上の読み心地を得たこの一冊は、今日も誰かの人生を塗りかえているのかもしれない。


選・文 / toi books / September 03, 2020 本屋が届けるベターライフブックス。『貧乏人の経済学』アビジット・V・バナジー エステル・デュフロ著 山形浩生 訳 (みすず書房)

IMG_6014

世界に蔓延る貧困は、どうして解決しないのか。私たちには一体何が出来るのか。著者は根気よく手間暇をかけて貧困の現場を調べることで、それらの疑問を解きほぐしてくれる。理想論ではない、現実に寄り添うような提案を導き出すこの本で徹底される問題に対する地道で真摯な態度は、他の向き合うべき全ての事柄にも当てはめることが出来るのではないか。自らが生きる社会の未来に期待するために、大切なことをじっくりと教えてくれる一冊。


選・文 / toi books / August 27, 2020 本屋が届けるベターライフブックス。『生活図鑑』おちとよこ 文 平野恵理子 絵 (福音館書店)

IMG_6015

生きるということは、小さな行為の積み重ねなのだ。そんなことをこの本を読む度に思う。生活にまつわるあれこれが“食・衣・住”に分けられ170を超える項目につまっている。程よい情報量でてきぱきと丁寧に解説してくれているので、どのページを開いても学びや発見があって何だか嬉しい気持ちが心を満たしていく。そうして暮らしの細部をあらためて眺めていると、生活の中で当たり前とされている行為の見え方がちょっとだけ変わる。その変化はそれぞれが生きる日常にささやかでも楽しみをくれるはずだ。


選・文 / toi books / August 20, 2020 本屋が届けるベターライフブックス。
『ムーミン谷の十一月』トーベ・ヤンソン 著 鈴木徹郎 訳 (講談社文庫)

各々想いを抱きつつ、ムーミン家を訪れた個性豊かな生きものたち。しかし、出迎えてくれるはずの一家は旅に出ていて留守。そのまま居ついてはじまった奇妙な共同生活の中で、それぞれが折り合いをつけ自分の答えを見いだす姿に、静かに勇気づけられます。本当はムーミン童話の最終巻であるこの一冊だけでなく、シリーズの本全てがお薦め。ムーミン谷の仲間たちを心に住まわせていれば、人生の中で手にする喜びや孤独の瞬間に彼らがそっと寄り添ってくれると思うのです。


toi books toi books

よい本というものは、「”答え”だけではなく新たな”問い”を与えてくれるもの」という考えを基に、ジャンル・新刊古本問わず、本を販売している。
大阪府大阪市中央区久太郎町3-1-22 OSKビル2F
営業時間:12:00〜19:00
定休日:水曜・木曜
https://toibooks.thebase.in/