原 摩利彦 — 音楽家 | & Premium (アンド プレミアム)

& Premium (アンド プレミアム)

音楽家 原 摩利彦


August 28, 2020 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/原 摩利彦 vol.4

August.28 – September.03, 2020

Saturday Morning

R-15514600-1592829395-1336.jpeg
Title.
Home/Home
Artist.
R Mccarthy
早朝に子どもを抱いてベランダに出る。8月も終わりが近づき、セミの声がしなくなった。まだむっとする蒸し暑さだが、ときどき秋の涼しい風を感じる。これから初めての秋だね、と顔を見ると、眩しいのか、また眠たくなったのか、目を細めてまどろんでいるようだ。遠くの方で鳥の声と車の音が少し聞こえるだけのとても静かな朝。部屋に戻るとこの曲をかけたくなった。パリ在住のこの音楽家は本当に作りたい時だけ音楽を作るという。おそらく一人で多重録音しているのだろう。ヘッドフォンで聴くとサーッというノイズが入っていて、街の音もうっすら入っている。この曲を聴いていると、これから始まる一日がとても楽しみになってくる。どこに行くわけでもなく、ずっと家にいるだけなのに。
アルバム『Dick Arkive: Issue 3』収録。

Sunday Night

Title.
Havik
Artist.
Kim Kashkashian, Robyn Schulkowsky, Tigran Mansurian
南宋の世捨人、真山民(しんさんみん)のわずか4行の詩「山閒秋夜(さんかんしゅうや)」の最後の句には、こおろぎが鳴いたことで、山の静けさと寒々しさが感じられたとある。音があってこそ、静けさが沁み渡る情景が描かれている。この姓名、生没年不明の詩人はどのような音を聴いていたのだろうか。 ヴィオラとパーカッションのための「Havik」(ティグラン・マンスリアン作曲)はこの15年間、何度も夜に聴いてきた。「静謐な音楽」というと、この曲が最初に頭に浮かぶ。2曲目からはアルメニア近代音楽の父と言われるコミタスの小品群がマンスリアンによるかすれた歌とピアノで演奏される。微分音(ドとド# などの半音をさらに細かく分けた音程)を含むヴィオラの旋律は美しく、パーカッションは時折、鹿威しのように聞こえる。すると京都法然院の方丈庭園の鹿威しを思い出し、敷地内にある谷崎潤一郎の墓に刻まれた「寂」という字に辿り着く。
アルバム『Music Of Komitas And Tigran Mansurian』収録。




『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽』 好評発売中。

andmusic-h1-img
ミュージシャンやクリエイター、写真家など、音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場。 土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする連載が、初めて一冊にまとまりました。 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全204曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付き。 詳しくはこちら


August 21, 2020 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/原 摩利彦 vol.3

August.21 – August.27, 2020

Saturday Morning

Title.
Dja Tigui Kie
Artist.
Les Imbattables Léopards
夏はもっとも好きな季節だ。何かが始まるような期待、お盆にはなんだか不思議な時間がある。そしてヒグラシの声とともに夏が終わってしまうと感じる。中学生のとき、バスケ部に入っていたが、夏休みにも練習があるというのを知って、そんな馬鹿なことがあるか!と1学期の終わりに辞めた。それほど夏は私にとって大切だったのだ。
花柄の短パンを履いて、土曜の朝から踊りながらご飯を作るのにピッタリな曲。歌詞の意味は全くわからないけれど、所々「ネコ!」と聞こえてくる。底抜けに明るい、と思っていたらだんだん哀愁も感じてくる。まさに8月の音楽。
アルバムV.A『Bobo Yéyé: Belle Époque in Upper Volta』収録。

Sunday Night

Title.
Quaderno musicale di Annalibera: XI. Quartina
Artist.
Luigi Dallappicola
去年の今頃はフィレンツェにいた。たった2日間だけの滞在だったが、美しい街並みと偉人たちの遺産に感銘を受けつづけた。宿泊した小さなホテルは、中世からずっと変わらない建物で、エアコンの性能は抜群だとオーナーは力強く説明してくれた。家具もバスルームも綺麗でとても快適だったが、ほうきを使っても届かないくらい高いところにあるエアコンはあまり涼しくはなかった。
この街のピッティ宮殿で、ダッラピッコラは20歳の時に、シェーンベルク自らが指揮する「月に憑かれたピエロ」を聴き、衝撃を受けたという。ダッラピッコラが作る12音技法(シェーンベルクが体系化した現代音楽の作曲技法)を用いた作品には、他の作曲家とは違う彼独特の響きがある。バロック時代の音楽モチーフを使った「Tartiniana seconda:   I. Pastorale」も美しい。彼が生涯のほとんどを過ごしたフィレンツェをもう一度訪れて、今度は長めに滞在して、その秘密に触れてみたいものである。
アルバム『Dallapiccola: Musica da camera』収録。




『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽』 好評発売中。

andmusic-h1-img
ミュージシャンやクリエイター、写真家など、音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場。 土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする連載が、初めて一冊にまとまりました。 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全204曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付き。 詳しくはこちら


August 14, 2020 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/原 摩利彦 vol.2

August.14 – August.20, 2020

Saturday Morning

Title.
Atoms Song
Artist.
Teebs(feat. Thomas Stankiewicz)
素晴らしい一作品を出し、その後は沈黙するアーティストがいる。新作はいつまで経っても発表されず、類似、あるいは関連作品といわれるものを推薦されてもしっくりこない。ぽつんと浮かんだ孤島のように、名盤の周囲には海が広がっているだけで、繰り返しそこに戻って聴くしかない。京都で活動していたSora『Re:sort』(2003)とカールステン・ニコライの別名義Aleph-1『Aleph-1』(2008)の続編を長年聴きたかったが、Teebsのこの曲を聴いて満足できたような気がする。両者を足して2で割ったような作品では全くないが、ずっと求めていたものを感じ取った。転勤生活をしていた祖父が愛媛に永住を決めたのは、その土地の雰囲気がなんとなく故郷の芦屋に似ていたからと生前言っていたが、似たような感情かもしれない。
アルバム『Anicca』収録。

Sunday Night

600x600bf
Title.
Darha Nopigom : I. Reverently
Artist.
Hwang Byungki(황병기)
今から数年前、東京にある中銀カプセルタワーに滞在して作品を作ったことがある。建築家黒川紀章によるメタボリズム建築の代表作品で、小さなカプセルが積み重なった集合住宅である。オープンリールデッキやラジオなどが組み込まれた家具や円窓から見下ろす首都高に数十年前の「未来」を感じた。その未来感とは相入れないようなのに、韓国の伝統楽器カヤグム(伽倻琴)の曲を滞在中ずっと聴いていた。でもそのミスマッチは気持ちのよいものだった。
2020年、家にいる生活が続いてまたカヤグムをよく聴くようになったのは、カプセルの中にいた時のある種の孤独感のようなものをまた感じているのだろうか。ところでこの曲の最初の短い響きは永久に聴いてられるように美しく、録音も現代的な音がする。
​​アルバム『The Best Of Korean Gayageum Music』収録。




『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽』 好評発売中。

andmusic-h1-img
ミュージシャンやクリエイター、写真家など、音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場。 土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする連載が、初めて一冊にまとまりました。 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全204曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付き。 詳しくはこちら


August 07, 2020 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/原 摩利彦 vol.1

August.07 – August.13, 2020

Saturday Morning

Title.
Parlando
Artist.
Golfam Khayam, Mona Matbou Riahi
在宅生活が長くなって、リビングで家族と聴く音楽や仕事部屋でひとり研究するための音楽を探すことが多くなった。このところペルシャ音楽をよくかける。その中でとくによく聴いているのが、テヘラン在住のギター奏者 Golfam Khayamとクラリネット奏者Mona Matbou Riahi(彼女たちは「Naqsh Duo」という名前で活動している)のデビューアルバム。冒頭のすっと上昇するクラリネット の音で一気に心を奪われる。
ある日、私が出演した配信ライブを見てGolfamが連絡をくれた。イラン出身の親しい友人がいたり、妻がイラン人家族の結婚式のケータリングを何度かしたり。イランとは何か縁があるように感じる。いつか行ってみたい場所のひとつだ。
アルバム『Narrante』収録。

Sunday Night

a1095404338_10
Title.
II
Artist.
Shuta Hiraki
旅先ではよく真っ白なノートを前にして、お気に入りのペンとともに静かな省察の時間を設けることがよくあった。今では日曜日の夜にして、次の一週間の計画も立てる。その際、同時に無数の記憶も蘇ってくる。その日のこともあれば、今まで一度も思い返したこともないような小さな出来事もある。長崎在住のShuta Hirakiのこのアルバムは、その現れては消えていく記憶の風景をとてもよく表現しているようだ。場面は展開するのではなく、ゆっくりと移ろい流れていく。一聴すると繊細で内省的だけれども、音量を小さくしても、大きくしてもはっきりと美しく響き、この作品の強度がよくわかる。
アルバム『Voicing In Oblivion』収録。




『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽』 好評発売中。

andmusic-h1-img
ミュージシャンやクリエイター、写真家など、音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場。 土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする連載が、初めて一冊にまとまりました。 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全204曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付き。 詳しくはこちら


音楽家 原 摩利彦

京都を拠点に活動。国内外問わす現代アートや舞台芸術、インスタレーションから映画音楽まで幅広く活躍。最近では松たか子、上川隆也、広瀬すず、志尊淳ら豪華俳優陣が出演、読売演劇大賞最優秀作品賞を受賞し話題となった野田秀樹演出の舞台作 『Q:A Night At The Kabuki』でサウンドデザインを担当。日本を代表するアートコレクティブ『ダムタイプ』のメンバーとしても活動。世界ツアーも大盛況となり森山未來もダンサーとして参加している世界的振付師ダミアン・ジャレ(トム・ヨーク『ANIMA』の映像作品の振付も担当)と彫刻家名和晃平によるプロジェクト『Vessel』では坂本龍一と共に劇伴を手がける。Apple 新CM『Macの向こうから ̶ 新海誠』に楽曲が起用されるなど、次から次へと活動の場を広げている。3年ぶりとなる待望のソロ作品『PASSION』が今年6月5日にリリースされた。
http://marihikohara.com/works/