& Premium (アンド プレミアム)

Book

Kusafune Anthos Go 植物の本屋 草舟あんとす号


Book 115 / May 11, 2018 『イギリス 野の花図鑑』ヘンリー・テリー(パイ・インターナショナル) 選・文/植物の本屋 草舟あんとす号

book4

イギリスのヴィクトリア朝時代、1873年の夏にひとりの父親が手作りし、娘たちに愛情をこめて贈った野の花のスケッチアルバム。ページをめくるたびに花冠が編まれるかのように花が並んでゆく美しい本です。素朴ながらも丁寧に特徴を捉えた野の花たちが1ページごとに5、6種類ほど描かれ、総勢575種類はあるでしょうか。ヒメオドリコソウやナズナ、アブラナ、カキドオシなど日本でおなじみの植物も登場します。巻末には学名、英名、和名の一覧リスト付き。


Book 114 / May 04, 2018 『そだててあそぼう 70 バラの絵本』はやしいさむ へん うのあきら え (農文協) 選・文/植物の本屋 草舟あんとす号

book3

お好きな花は何ですか? 花のことを知りたいとき、たったひとつ選んだその花があなたを花の世界への扉の奥へと招いてくれることでしょう。今回は花の女王、バラの本を。とてもわかりやすく書かれた子ども用の本ですが侮るなかれ。世界でひとつ、自分だけのバラをつくりだせる交配の仕方まで載っていてなかなか本格的です。すべての章で宇野亜喜良氏のロマンチックなイラストが楽しめるのも魅力。ヒマワリ、カーネーション、ユリ、など他の花のシリーズも出ています。


Book 113 / April 27, 2018 『FRESH』猪本典子 著 (朝日出版社) 選・文/植物の本屋 草舟あんとす号

book2

当店の隣に一片の詩のような小さな花屋があり、訪れた人びとは詩を読むように花を求め、大切な人へ贈る。一粒の砂に世界を、一輪の花に天国を。これはその花屋の女主人が大切に読む特別な花の本だ。20年ほど前に出版され、なお愛され続けるこの本は、すべての頁がみずみずしさに満ちている。花々の囁きと香りが優美に束ねられ、花器が美しく翳るさまに魅入られる。格式張らず、奇をてらわず、あるがままの自然でもなく。“ほんのすこしの注意と好奇心を持って”花に対面するまなざしに触れることができる貴重な1冊。


Book 112 / April 20, 2018 『花の知恵』モーリス・メーテルリンク 著 高尾歩 訳(工作舎) 選・文/植物の本屋 草舟あんとす号

book1jpg

『青い鳥』の作者モーリス・メーテルリンクは南仏の家を蜜蜂荘と名づけ、その庭をこよなく愛していた。彼は庭で野原で森で、花の多彩な発明や術策や用心を観察する。カエデのプロペラ、アザミやタンポポの滑翔装置、マイハギの複雑なダンスなど……! 本書では数十種類の花の知性があえて人間的な姿勢に見立てられ、あたかも花が蜜蜂を誘うような美しい語り口でぐいっとわたしたちを引き込む。野原や庭に目を向ければ、わたしたちがたやすく花の知恵 に出合えるように。


Kusafune Anthos Go 植物の本屋 草舟あんとす号

植物をテーマにした新刊の小さな専門書店。園芸、畑、料理、薬草、植物療法、物語、絵本、神話や伝説、植物図譜のポストカードや植物のタネ、お茶やリトルプレスなどを取り扱っている。
東京都小平市小川町2−2051
http://anthosdo.blogspot.jp/