工藤 あずさ – Azusa Kudo | & Premium (アンド プレミアム)

Azusa Kudo 工藤 あずさ


August 31, 2019 今月の写真家、今日の一枚。工藤あずさ vol.31

31
椰子の木が数本生えているこの場所は、熊野のハワイと呼ばれているそうだ。結香さんがハワイを絶賛していたので、次の旅先にハワイを入れたいな、と思う。この旅すべての感謝を結香さんに。新幹線が止まるほどの雨が関東では降ったらしい。東京に戻ると、翌日、梅雨が明けていた。



August 28, 2019 今月の写真家、今日の一枚。工藤あずさ vol.28

28
結香さんが、熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社の、熊野三山を案内して回ってくれた。車内での話しは八割が恋愛のこと、それから、九鬼での暮らし、家に出る虫や、湿気対策、星占い、お金のこと、体調や、男女差別、東京のこと、今までに行った海外、出会った人とのこと、家族、ヨガ、走ること、ファッション、写真、共通の友人知人のこと。



August 25, 2019 今月の写真家、今日の一枚。工藤あずさ vol.25

25
深い森の中に続く、先の見えない階段。後ろを振り向けない、この感情は、誰に言っていいんだろう。言葉にできるだろうか、この全部を。言わないままで、私の中に置き去りにしてしまったら、ずっと一人で怖いままだ。誰ともすれ違わず、怖さにちょっと笑ってしまいながら、必死で登る。

August 24, 2019 今月の写真家、今日の一枚。工藤あずさ vol.24

24
結香さんに熊野古道の松本峠の入り口まで送ってもらう。いざ入り口の前に立ってみると、あれ、これは想像と全く違うかもしれない、という気配を感じながらも、引き返すことも出来ないしと、ひとり踏み込んで進んで行った。







August 17, 2019 今月の写真家、今日の一枚。工藤あずさ vol.17

17
ひとり残って、整理の行き届いた店内を見渡す。丁寧に置かれたスリッパ。積み重ねてある座布団。ご自由にどうぞ、と書かれた菓子箱に入ったせんべい。吊るされているランプの明るさ。本棚に手を触れてみる。好きだなあ、と思う。ここまでの旅に、少し緊張していた気持ちが軽くなる。

















Azusa Kudo 工藤 あずさ

写真家。2005年渡英、帰国後に写真を始める。アシスタント、ギャラリー勤務などを経て、スタジオ109に三年間勤務後、2018年に独立。今回は、三重県尾鷲市の漁村・九鬼町を訪ねた旅の記憶。
Instagram: @kudoazu

azusakudo.com

Latest Issue暮らしの中の、大人のスタンダード。2021.09.18 — 880円