& Premium (アンド プレミアム)

Book

artos Book Store artos Book Store


Book 12 / February 12, 2016 『怒らないこと』アルボムッレ・スマナサーラ(サンガ新書)

&Premium artos book store

怒りはいつも一瞬で心を覆い尽くします。それとは真逆である愛情も一緒です。どちらもなかなかコントロールすることができないのは、心に芽生える感情だからです。そして、ブッダの教えでは、怒らない人にこそ智慧があり、幸せを得ると言っています。ただ、多くの人はその感情を整えることができずにいるのではないでしょうか。神様はこの何も生まない、破滅するだけの怒りという感情をなぜ私達に与えたのか、少し考えてみるのも良いかもしれません。


Book 11 / February 05, 2016 『K2』石川直樹(SLANT)

&Premium artos book store

エベレストに次ぐ標高8,611mである、カラコルム山脈測量番号2号を意味する〈K2〉。世界最難関といわれるこの山の頂を目指すには、昂る事なく、あくまでも淡々と、そこに至るまでのすべてを整えていかなければ達することはできないのかもしれません。すべての写真から伝わってくる緊張感とその美しさはやはり登頂する本人が撮影をしているからでしょう。限られた人しか見たことがない、生と死が隣り合わせのこの場所の風景を憧れの地に変えてくれる一冊だと思います。


Book 10 / January 29, 2016 『SAPEURS THE GENTLEMEN OF BACONGO』 Daniele Tamagni (青幻舎)

&Premium artos book store

仕事柄スーツを着てネクタイを締めることは、年に数回程度しかありません。やはり、着慣れていないせいか、少し不格好で落ち着かないのですが、それでもたまには良いなと思ったりします。この写真集はそのスーツスタイルをどこまでエレガントに着こなせるか追求しているコンゴ共和国の男性たちが主役です。元統治国であるフランスに憧れを抱き、月収3万円の彼らがハイブランドで着飾るアンバランスさこそ、身なりを整えることの意味の深さを物語っているのではないでしょうか。


Book 09 / January 22, 2016 『暮らしのヒント集』 暮しの手帖編集部 (暮しの手帖社)

暮らしの手帖編集部 (暮しの手帖社)&Premium

毎日の暮らしをルーティーンのように無意識にこなしてしまっていると思う瞬間があります。仕方ないと思う反面、もう少し意識を前に出すためのアイデアがあればとも思っていました。本書は今の自分自身の生活を見つめ直し、変化をもたらしたいと考えている方にさまざまなヒントを与えてくれます。一読するだけでも少し背筋が伸び、視界が広がって見えるのではないでしょうか。その中に少しでも気付きがあれば、そういった積み重ねが暮しを整えることに繋がると思います。


artos Book Store artos Book Store

先代が約40年間続けた街の本屋〈西村書店〉を受け継ぎ、2005年に店長の西村 史之がリニューアルオープン。以来、「衣・食・住」をテーマに自分たちが気に入った本だけを一冊、一冊選ぶことを身上としている。▷島根県松江市南田町7-21
http://www1.megaegg.ne.jp/~artos/