インテリアとして壁に飾る、新しい写真の楽しみ方。 — デジタル写真のパネル加工サービス『WALL DECOR』 | Recommendation | & Premium (アンド プレミアム)

& Premium (アンド プレミアム)

Recommendation

デジタル写真のパネル加工サービス『WALL DECOR』 / September 27, 2018 / 〔SPONSORED〕 インテリアとして壁に飾る、新しい写真の楽しみ方。

IG_sodekaho_kissa

何気ない日常から、とっておきの1枚まで。 
お気に入りの写真を壁に飾ってみませんか?

スマートフォンやデジタルカメラで撮影した写真、その後どうしていますか? 壁に飾ってみたいけど額装はハードルが高そうという方に、知ってもらいたいのがスマホやデジカメで撮った写真をパネル加工(額装)してくれるFUJIFILMのサービス『WALL DECOR(ウォールデコ)』。今回は、何気ない一コマやとっておきの1枚をプリントして壁に飾る新しい写真の楽しみ方を紹介します。『&NEKO』でもおなじみのUhrディレクター・濱中鮎子さんが日々撮りためたチャイ坊の写真でパネルプリントを体験しました。

image2-1

今回、実際に愛猫・チャイ坊の写真で『WALL DECOR』のプリントの品質と手軽さ、パネルの高級感を実感した濱中さん。家族とチャイ坊がそろって食事をする場所であるダイニングには、寄りの写真と引きの写真を組み合わせて壁をコーディネート。「写真が浮いている感じとサイズ感がいいですね。思った以上に軽かったので飾りやすい。額に入れて、とかだと場所をとってしまうイメージなんですけど、少しのスペースでも飾れるのが良いですね」。

image2-1

プリントの色味や味わいの良さはもちろん、発注を受けてから工場できっちり仕上げられるパネルは角の処理やつくりのよさも『WALL DECOR』の魅力の一つ。「データだとあまり考えずに撮りっぱなしにしてしまいがちですが、こうやって気軽にパネルに出来て飾れるのは楽しいですね。チャイ坊の写真展をしてみたいです」と、楽しい想像が膨らみます。『WALL DECOR』は、取り外しも簡単で壁への負担も少ない軽量設計。季節や気分に合わせて飾り変えたり、インテリアとしても活用できます。

今回、&Premium.jp限定で特別割引キャンペーンを実施中。 詳しくは以下URLをチェック!
http://fujifilmmall.jp/walldecor/premium

<!-- Global site tag (gtag.js) - AdWords: 862713242 -->\n<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=AW-862713242"></script>\n<script>\n window.dataLayer = window.dataLayer || [];\n function gtag(){dataLayer.push(arguments);}\n gtag(\'js\', new Date());\n\n gtag(\'config\', \'AW-862713242\');\n</script>\n\n\n<!-- Facebook Pixel Code -->\n<script>\n !function(f,b,e,v,n,t,s)\n {if(f.fbq)return;n=f.fbq=function(){n.callMethod?\n n.callMethod.apply(n,arguments):n.queue.push(arguments)};\n if(!f._fbq)f._fbq=n;n.push=n;n.loaded=!0;n.version=\'2.0\';\n n.queue=[];t=b.createElement(e);t.async=!0;\n t.src=v;s=b.getElementsByTagName(e)[0];\n s.parentNode.insertBefore(t,s)}(window, document,\'script\',\n \'https://connect.facebook.net/en_US/fbevents.js\');\n fbq(\'init\', \'852437661554337\');\n fbq(\'track\', \'PageView\');\n</script>\n<noscript><img height="1" width="1" style="display:none"\n src="https://www.facebook.com/tr?id=852437661554337&ev=PageView&noscript=1"\n/></noscript>\n<!-- End Facebook Pixel Code -->