Movie極私的・偏愛映画論。

This Month Theme時を超えて心に響いてくる。

Moonrise Kingdom / October 21, 2017 『ムーンライズ・キングダム』文/名久井直子(装丁家、ブックデザイナー)

023_premium_fix1

色も、ファッションも、風景も。素敵な情景が心に残り続ける。

 誰かに何を言われたら一番きゅんとくるだろうか。その答えは映画『ムーンライズ・キングダム』が教えてくれました。アメリカ北東部のニューイングランド沖に浮かんでいるとても小さな島、ニューペンザンス島。この小さな島を目指して駆け落ちするかわいらしい二人。サムは「カーキスカウト」(ボーイスカウト)の団員である12歳。一方ばっちりメイクで大人びたスージーも12歳。ある日、子どもたちが教会で繰り広げる演劇で二人は出会い、一瞬で恋に落ちるのです。そこから文通が始まり、お互いのことを伝えあいながら、文通の終わりは駆け落ちの約束へ……。草原で落ち合った彼らは、「カーキスカウト」の知識を活かしながら、目的地へ向かうのですが、キャンプの知識を大人びた様子で繰り出すサムと、子猫やレコードプレイヤー、数冊の本といった、実用から乖離したものばかり運んできたスージーの対比も可愛らしく。スージーはいつも首から双眼鏡を下げていて、双眼鏡を通していろんなものを見ている様子。キャンプをしながらサムが「なぜ双眼鏡で見るの?」と聞くと、スージーは「近くに見えるからよ。遠くない物も。わたしの魔法のつもり」と答えます。幼い二人の逃亡劇の途中、ボートが発進したのにもかかわらず、その大事な双眼鏡をある場所に置いてきてしまったことに気づいたサム。岸に戻り、危険をかえりみずに取りに戻ろうとします。止める声に「だめだ! 彼女の魔法だから」と叫ぶ彼。これ、これでした! なんて心を揺さぶる言葉なんでしょう。心の大事な部分をわかって、守ってくれる彼の格好よさ! この一言だけで、サムはわたしの理想の人トップ3に君臨し続けています。全体を通して、見たかったけど見られなかった夢のようなテイストにうっとりしてしまいます(現実ではありえないよー!と思うところもたまにあって、そこもなんだか夢っぽいんです)。ウェス・アンダーソン監督作品なので、色も、ファッションも、風景も、すみずみまで素敵さが詰まったこの映画。観終わったあとは、『ムーンライズ・キングダム』の情景が心に残り続けることと思います。

illustration : Yu Nagaba
movie_chart1019_ol
このマトリックスにブルース・ウィリスを特筆して立てているのは理由があります。世界の平和とか、強大な敵とは戦っていない、しがない町の警察官役がとてもよいからです。
moonrise kingdom
Title
『ムーンライズ・キングダム』
Director
ウェス・アンダーソン
Screenwriter
ウェス・アンダーソン
ロマン・コッポラ
Year
2012
Running Time
94分
『ムーンライズ・キングダム』
DVD&Blu-ray発売中
¥1,800(税抜)
発売・販売 ハピネット   
(C)2012 MOONRISE LLC. All Rights Reserved.

Naoko Nakui名久井直子(装丁家、ブックデザイナー)

1976年岩手県生まれ。武蔵野美術大学卒業後、広告代理店勤務を経て、2005年独立。ブックデザインを中心に紙まわりの仕事を手がける。第45回講談社出版文化賞ブックデザイン賞受賞。主な仕事に、『AM/PM』著 アメリア・グレイ 訳 松田青子(河出書房新社)、『非常出口の音楽』著 古川日出男(河出書房新社)、『早稲田文学 女性号』 編 川上未映子(早稲田文学会)、『BABEL Higuchi Yuko Artworks』 著 ヒグチユウコ(グラフィック社)など。