Movie極私的・偏愛映画論。

This Month Theme二者択一する。

A Room with a View / November 18, 2015 『眺めのいい部屋』

Selector

長島有里枝(写真家)

眺めのいい部屋

10代の頃から変わらない、恋愛観の基盤。

女子校の気楽さに埋没した日々を送りながら、こっそり素敵な恋愛に憧れていた、16歳のわたし。ところが男の子たちとのデートはまるで退屈。これじゃあ恋愛なんて一生ムリと思い始めていたとき、深夜のテレビで観たのが『眺めのいい部屋』だった。その日から、主演のジュリアン・サンズは理想の男性、本作はわたしの恋愛観の基盤になった。

ロンドン郊外で育った上流階級の娘ルーシーは、歳の離れた従姉妹シャーロットをお供にフィレンツェを訪れる。20世紀初頭、イギリスの貴族階級のあいだではイタリア旅行が流行っていた。おそらく、彼らを相手に商売をする宿(ペンション)があり、知人に会ったり新しい人脈を築いたりする社交の場になっていたのだろう。そこでルーシーは、ブルジョワ階級出身の風変わりな青年ジョージと出会う。ほどなくして、二人の間には恋愛感情が芽生えるが、ジョージがルーシーにキスしているところを目撃したシャーロットによって旅は強制終了。帰国したルーシーは、想定外の相手への恋心に封をしようと、同じ貴族階級出身のセシルと婚約する。しかし、偶然再会したジョージに愛を告白され、大きな決断をする……。

若い頃は、繊細なジョージの情熱的なアプローチに夢中になったが、いま見ると、当時のヨーロッパ社会を背景とした女性のありかたが見事に描かれた映画でもあることがわかる。ジョージに惹かれているのに、セシルを選ぼうとするルーシー。「愛」と「家柄」の間で揺れる彼女の気持ちに、現代を生きるわたしたちも十分共感できる。そこに見え隠れするのは「諦め」で、かつてわたしが男の子たちに感じた失望と地続きだ。わたしにとってそれは、女の子の意見を聞かずにデートの行先を決めるとか、一人で歩けるのに手を引かれるといった小さなことだったが、そうしたことの積み重ねが女性に与える無力感は決して小さくない。女性にとっての恋や結婚は、自分を放棄することとたやすく繋がってしまう。ルーシーの場合には、作家になる夢や自分らしさの放棄であったし、かといって結婚を選ばなければ、シャーロットのように「かわいそうな人!(Poor Chalotte!)」と呼ばれる羽目になるのだ。

ルーシーを(セシルがそうであるように)飾りものとしてではなく、一人の人間として愛し、尊重していると迫るジョージの言葉が、彼女を変える。こんな風に想ってくれる人が、自分にもいたらいいのに! と、27年前のわたしは強く思った。そして将来何があっても、「愛」を選ぼうと決めた。その気持ちはいまも変わっていない。

illustration : Yu Nagaba
movie-graph
若かりし日のヘレナ・ボナム・カーターとダニエル・デイ・ルイスが出演しているなど、キャスティングも見どころ。
roomwith
Title
『眺めのいい部屋』
Director
ジェイムズ・アイヴォリー
Screenwriter
ルース・プラワー・ジャブヴァーラ
Year
1986年
Running Time
117分
眺めのいい部屋 HDニューマスター版
DVD発売元:アネック
DVD販売元:パラマウント ジャパン
価格:1,429円+税(発売中)

Yurie Nagashima長島 有里枝 (写真家)

1973年東京生まれ。1993年、武蔵野美術大学在学中に製作した作品が『アーバナート#2展』でパルコ賞を受賞、写真家として注目を集め始める。1995年、渡米。California Institute of the ArtsでMFAを取得し、1999年に帰国。2000年、写真集『Pastime Paradise』(マドラ出版)で第26回木村伊兵衛写真賞受賞。2010年、初のエッセイ集『背中の記憶』(講談社)で第23回三島由紀夫賞候補、および講談社エッセイ賞を受賞。写真集に『SWISS』(2010, 赤々舎)、『5 comes after 6』(2014, bookshop M)など。