郡司庸久による、食卓に馴染むオーバル皿。 — 『&Premium』No. 76 2020年4月号「&selection」より | From Magazine | & Premium (アンド プレミアム)

& Premium (アンド プレミアム)

From Magazine

『&Premium』No. 76 2020年4月号「&selection」より / March 12, 2020 郡司庸久による、食卓に馴染むオーバル皿。

76-selection13-main
プレートL[W34.5×D24×H3.5cm]¥8,250、S[W26.5×D17.5×H2.5cm]¥4,950(ともにキコ☎03−5464−0912)

栃木県益子町で作陶する、郡司庸久による器は、温かみのある作風で人気を集める。表面の艶やかな飴色は、飴釉のわずかな偶然によって生まれた繊細な表情。ガラスや陶器など卓上の自由な組み合わせにも馴染みやすい。Lサイズは大勢で食卓を囲むときに、Sサイズは1人用にぴったりのサイズ感。