& Premium (アンド プレミアム)

From Magazine

『&Premium』No. 68 2019年8月号「&Beauty」より / July 01, 2019 キレイの理屈 "使いたくなる"を集約して完成したネイルオイル。

68-beauty01-main
uka | nail oil
健康で美しい指先を保つためには、爪まわりの保湿が肝心。朝起きたとき、仕事中、アフターファイブ……など、一日の様々なシーンに合わせて使えるロールオンタイプのネイルオイル。5種類の香りと使用感が楽しめる。ウカ ネイルオイル 左から、「7:15」「13:00」5ml 各¥3,000、「18:30」「24:45」5ml 各¥3,300、「basic」5ml ¥2,800(uka Tokyo head office ☎03−5778−9074)

ヘア&ネイルサロンとして広く認知されていた〈エクセル〉から、〈uka〉にブランドスイッチしたのが10年前のこと。名前には、蛹が蝶になる「羽化」の意味が込められ、世の中に美を広められるブランドとしてスタートを切った。その時に同時に発売されたのが、ブランドの看板アイテムである「ウカ ネイルオイル」だ。
ネイルの美しさを長く保つためには、普段から爪をオイルで保湿することがとても重要。代表の渡邉季穂さんは、サロンワークの中でいつもそれを感じていたが、その当時のネイルオイルは、ほとんどが瓶タイプで使いにくく、ケアを継続できる人が少なかったそう。
〈uka〉の商品開発のコンセプトは「日常で無理なく、楽しくホームケアできること」であり、このためにも、独自の商品を作り上げる必要があった。さらに、オイルをこまめに塗れない、いつ塗ればいいかわからないなど、細かな悩みやニーズに応え、集約したものを作りたいと考えた。
塗りやすいロールオンで、携帯できるサイズに。時間に合わせて使い分けができるよう、香りをそれぞれ変えるなど、細かいニーズに応えながら作り上げた先に、大ヒットの「ウカ ネイルオイル」が完成。中身は、浸透のいいアルガンオイルをベースに、保湿効果も与えつつ、時間の区切りに対して香りをつけて、使いやすさはもちろん、マインドへもアプローチするこだわり。
朝起きたときに使う「7:15」は、ヒノキやユズなどのジャパニーズセンスの香り、少し眠気の出る午後に使う「13:00」はミントやレモンのフレッシュな香り、仕事終わりに使う「18:30」はフェミニンなローズ、そして一番人気の「24:45」は、就寝前を意識してリラックスするラベンダーなどを中心にそれぞれブレンド。シーンに合わせた心地いい香りは、フレグランスとしても重宝された。
さらに無香料タイプの「basic」は、ハンドクリームのベタつきが苦手、という男性にも好評。
ネイルオイルを日常使いしてほしいという思いから生まれた「ウカ ネイルオイル」は、日本だけでなく、世界のメディアからも「〈uka〉が作ったのはブームではなくカルチャー」と絶賛。サロンでのコミュニケーションを、プロダクトに実現させながら、uka旋風を巻き起こし続けている。

文/久保直子
くぼ・なおこ/ウェルネス&ビューティジャーナリスト。植物療法(フィトテラピー)をツールに、ココロカラダハダケアについて独自発信。