骨董王子の日用品案内

牛ノ戸焼のソースポット選・文/郷古隆洋No. 181 / June 20, 2018

0620

鳥取の民窯である「牛ノ戸焼」のソースポット。これは、鳥取における民藝のキーパーソンであった吉田障也によってデザインされたもので、現在はもう製造されていません。使わない時には蓋で注ぎ口を隠すことができたりと実用性にも優れていて、テーブルの上で独特の存在感を放ってくれます。これからの季節には、麺つゆなどを入れて置くと便利かもしれませんね。

Photo:Naoki Seo
郷古隆洋
Selector

郷古隆洋

ユナイテッドアローズ、ランドスケーププロダクツを経て2010年に Swimsuit Department を設立。輸入代理店をはじめ、世界各国で買い付けたヴィンテージ雑貨などを販売する「BATHHOUSE」を運営するほか、店舗のインテリアコーディネートやディスプレーなども手がける。2015年9月には、日本で初の開催となるモダニズムショーを主宰した。→ swimsuit-department.com

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 127すぐ作りたくなる、手料理のアイデア。2024.05.20 — 930円