〈LOISIR〉デザイナー・前田敬子による、保護猫・えいたと暮らす日常。

癒しの肉球。【〈LOISIR〉デザイナー・前田敬子による、保護猫・えいたと暮らす日常。 vol.43】January 06, 2024

たまらない部位といえば、やっぱり肉球。チャーミングな形状を見ているだけで、あたたかい気持ちになる。ちょっと気分が沈んでいるときも、えいたのまだら肉球を押すと、ぷにぷにとした感触も相まって心が和むのだ。
この脂肪でできた足裏のクッション、もともとは足音を立てずに獲物に近づいたり、ジャンプして軽やかに着地するための機能なのだけれど、もはや癒しのアイコンになってしまった。


えいた えいた

ファッションブランド〈LOISIR〉デザイナー・前田敬子さんと暮らすえいた。ハンサムな名前の由来は永代橋(えいたいばし)の近くでコールタールまみれになって遊んでいるところを保護されたことから。空気は読めないと、ボランティアの方からもお墨付き。すでに壮年猫なのに相変わらずやんちゃで食いしん坊。趣味で段ボールアートを作ったり、上腕二頭筋を鍛えてみたり……。以前本誌で連載していた『まこという名の不思議顔のねこ』に登場していたまこは姉猫。兄猫しろたろとまことの暮らしを経て、現在は妹猫にんにんと同居中。本誌2022年5月号にて、わたなべとしふみさんによるえいたの紹介イラストを掲載しています。

instagram.com/ytrpics

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 124やっぱり、ひとりでも京都。2024.02.20 — 930円