Event

イラストレーター・Shapreさん初の油彩画をメインにした個展「Frustration」が開催。November 02, 2023

イラストレーター・Shapreさん初の油彩画をメインにした個展「Frustration」が、『BOOTLEG GALLERY』にて開催。

油彩画と向き合った10年間の集大成。

本誌の創刊から数多くのイラストを担当してくれているイラストレーター・Shapre(シャプレ)さん。11月3日(金・祝)から11月14日(火)まで、東京・改代町『BOOTLEG GALLERY』にて個展「Frustration」が開催される。

これまではチャコールペンシルの繊細な線で描くドローイング作品の発表が多かったが、本展のメインとなるのは、2013年から描き始めた油彩画。感情を込めた抽象画を描こうとすると思い通りにはいかず、自分の不甲斐なさやフラストレーションがたまるが、油彩画を自由に描くことで解放された。元々の柔らかなタッチは残しつつ、大胆に絵の具で描く作品は、自らの内面を投影した抽象的なものが多い。

会場には旧作から新作まで約40点が並ぶ。160cmを超えるキャンパスからラフスケッチとして描いたドローイングまで、油彩画と向き合った10年間の軌跡を感じられる構成となっている。フラストレーションというマイナスな感情をプラスに転換し、作家としての純粋な感情を筆に注いだ作品たち。Shapreさんの新たな一面を見ることができるだろう。

Shapre シャプレ
イラストレーター。1983年生まれ、神戸市出身。2005年に上京し、出版社、画材店に勤務しながらイラストレーターとしてのキャリアを開始。雑誌、広告、アパレルなどで活動している。2010年から〈URBAN RESEARCH〉とのコラボレーショングッズを展開。2011年、『kit gallery』にて初の個展「ぼくにはみえているよ。」を開催し、2013年に創刊した『&Premium』(マガジンハウス)では、イラストで参画。2013年頃より油彩画の制作をスタート。2014年、『URBAN RESEARCH京都』にて「エンデミック」展を開催し、油彩画を展示。ドローイングの仕事では主に人物画を描いているが、油彩では抽象的なテーマを追求している。

EVENT INFORMATION

Shapre「Frustration」

会期:2023年11月3日(金・祝)〜11月14日(火) 13:00〜20:00
会場:BOOTLEG GALLERY (東京都新宿区改代町40-1F)
入場料:無料
※関連企画として、11月3日 18:00よりオープニング・レセプションを開催。どなたでも参加できます。

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 124やっぱり、ひとりでも京都。2024.02.20 — 930円