Interior

淡路島で暮らす料理家、どいちなつさんの台所。道具や素材が持つ力を引き出す。November 28, 2023

淡路島で暮らす料理家、どいちなつさんの台所。道具や素材が持つ力を引き出す。キッチン PRACTICAL KITCHENS 暮らしの真ん中に、心地よい台所。
「カレーを作るときは、合羽橋で購入した北京鍋で作ります」と料理家のどいちなつさん。平鍋よりも早く煮込めて、焦げつきにくいので重宝している。

木や、錆びた銅の表情に惹きつけられて。

 遠くに山並みが見える、のどかな道沿い。里山に囲まれるようにポツンと佇む瓦屋根の小屋がある。「淡路島の中でもここは本当に田舎のほう」と話すのは、料理家のどいちなつさん。小高い山地にある10年以上耕されていなかった棚田を夫と開墾し、そこからすぐの自宅近くに、家族や友人と食事したり、人を招いたりするキッチンスペースを作った。

「畑の帰り道に牛乳の集荷小屋として使われていた建物に出合ったんです。持ち主は畑の管理者とたまたま同じで運よく譲ってもらえて。建物の歪みや瓦を直す作業は自分たちでやり、キッチンまわりの収納は友人の内装家に相談しました。彼はしばらくうちの庭にテントを張って(笑)、3 か月一緒に暮らしながら対話を重ねて作っていきました」

 小屋の扉を開けるとすぐに、古材を大胆に使って作った、味のあるキッチンカウンターが目に入る。畑で採れたバターナッツカボチャと届いたばかりの艶やかで真っ赤なりんごが、大皿の中いっぱいに並んでいた。

「近くに古材屋があり、その倉庫にいい感じの風合いの木材がたくさんあるんです。そこから掘り出し物を探すのが好き。カウンターに使った木材もそこで購入したものです。いろいろと安く手に入れることができ
るので、惹かれる素材があれば迎え入れるようにしています。用途は後で考えればいいかなって」

光を取り込めるように、小さな窓をいくつも作った。窓辺によく使う道具をフックで吊るして。古道具店で購入した瓶を片隅に並べた。
光を取り込めるように、小さな窓をいくつも作った。窓辺によく使う道具をフックで吊るして。古道具店で購入した瓶を片隅に並べた。
キッチンまわりの収納は手作り。好きな古材を棚板にして、道具を見せながら収めている。
キッチンまわりの収納は手作り。好きな古材を棚板にして、道具を見せながら収めている。

 綺麗に成形された木材にはない無造作なフォルムが、自然のなかにあった姿を思わせる。

「まな板も自分で仕上げたもの。20年ほど前に『東急ハンズ』で購入したオリーブの木の板を半分に切って使っています。友人は木材を使って、私の身長に合わせてカウンターを低めにこしらえて、それに合わせて棚を作ってくれました。そして、夫がオーブンレンジを囲うようにして木材を張り合わせてちょっとした収納スペースを編み出してくれて。小さなキッチンだからこそ、気の利いた収納があると便利なんです」

 物がぎゅっと整列したキッチンの片隅には、どいさんの道具愛が溢れている。側面のボードにハサミを掛けて並べ、造作した包丁スタンドに使用頻度が高いものを収納した。

「昔から古道具が好きなんです。つるんとしたものよりも使い込まれた質感が好み。だから、配管の素材は銅を選んでいます。木材だけでまとめるよりも、異素材を合わせて空間を引き締めたいと思って。やっぱり、慣れ親しんだ道具や好きなものに囲まれた空間はほっとできるし、料理を楽しむ心が整いますね」

鍋と大皿の居場所は低い位置に。「一つ一つが重いから、高い位置に置くと危ない。崩れにくいところに、と思ってキッチンを使い始めてから作った棚です」 
鍋と大皿の居場所は低い位置に。「一つ一つが重いから、高い位置に置くと危ない。崩れにくいところに、と思ってキッチンを使い始めてから作った棚です」 
木を張り合わせて作った収納の側面を無駄にせず、道具を飾る場所に。使い道が異なるハサミを並べて。
木を張り合わせて作った収納の側面を無駄にせず、道具を飾る場所に。使い道が異なるハサミを並べて。
ご飯は伊賀焼の窯元『長谷園』の土鍋「かまどさん」で炊く。米はレモングラスで香りづけして、カレーと合わせた。
ご飯は伊賀焼の窯元『長谷園』の土鍋「かまどさん」で炊く。米はレモングラスで香りづけして、カレーと合わせた。
陶芸家の市川孝が作る蓋つきの器。「ちょっとしたカトラリーや調味料を入れています」
陶芸家の市川孝が作る蓋つきの器。「ちょっとしたカトラリーや調味料を入れています」
淡路島で暮らす料理家、どいちなつさんの台所。道具や素材が持つ力を引き出す。キッチン PRACTICAL KITCHENS 暮らしの真ん中に、心地よい台所。

どいちなつ料理家

〈心に風〉主宰。淡路島で自然と対話しながらハーブや野菜を育て、その恵みをプロダクトとして届ける。キッチンスペースを開放して、料理教室を行う。

台所仕事に欠かせないザル。「工芸品としての魅力も感じているので、壁に吊るして飾りながら」。高い位置に置くことで、できる限りホコリを避けた。
台所仕事に欠かせないザル。「工芸品としての魅力も感じているので、壁に吊るして飾りながら」。高い位置に置くことで、できる限りホコリを避けた。
畑で収穫したハーブをドライにして瓶で保存。「20代の頃に大阪の『F.O.B COOP』で瓶をまとめて購入して以来、ずっと使い続けています」
畑で収穫したハーブをドライにして瓶で保存。「20代の頃に大阪の『F.O.B COOP』で瓶をまとめて購入して以来、ずっと使い続けています」
農薬や化学肥料を使わずに、さまざまな種類のハーブや野菜を育てている。収穫したものはキッチンへ。「畑仕事に集中すると、心もからだも元気になれます」
農薬や化学肥料を使わずに、さまざまな種類のハーブや野菜を育てている。収穫したものはキッチンへ。「畑仕事に集中すると、心もからだも元気になれます」
長方形のコンパクトなスペースに流し台とキッチンカウンターをまとめた。壁面は、収納棚置き場にした。
長方形のコンパクトなスペースに流し台とキッチンカウンターをまとめた。壁面は、収納棚置き場にした。

photo : Shinsaku Kato edit & text : Seika Yajima

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 124やっぱり、ひとりでも京都。2024.02.20 — 930円