キレイの理屈 下地もパウダーも不要のカラーファンデーション。 — 『&Premium』No. 88 2021年4月号「&Beauty」より | Article | & Premium (アンド プレミアム)

& Premium (アンド プレミアム)

Beauty

『&Premium』No. 88 2021年4月号「&Beauty」より / March 13, 2021 キレイの理屈 下地もパウダーも不要のカラーファンデーション。

88-beauty02-main
RMK | Color Foundation
自分の肌を生かしながら足りないカラーを補うことで、透明感と明るさを引き出す、新発想のカラーファンデーション。下地いらずで密着、保湿効果も抜群。RMK カラーファンデーション 全5色 20ml 各¥4,500*3月12日発売(RMK Division ☎︎0120−988−271)

 テレワークやマスク生活などが板についてきた一方で、スッピンに近い状態が増えたことで、乾燥ダメージや油断顔が老けを加速させてしまう。そんな中〈RMK〉から打ち出された「ファンデーションはベージュだけでなくてもいい」という発想に釘付けとなった。一体、どういうこと?
 かつて”外顔”といえばパウダリー人気が続く時代に、〈RMK〉は「リキッドのほうが素肌っぽい」という、リキッドファンデーション時代の幕開けを飾ったセンセーショナルなブランドでもある。それから24年。時代、事情、価値観さえも進化を遂げる今、色とテクスチャーのチカラを使い、澄んだ明るさを引き出すという、まったく新しい肌の整え方を提案。それが今回ご紹介する「RMK カラーファンデーション」。パステルカラーのリキッド状ベースメイクアイテムだ。
 カラーはホワイト、パープル、コーラル、イエロー、グリーンの全5色。01(ホワイト)は、ナチュラルにワントーン明るく、02(パープル)は柔らかな印象に、03(コーラル)は血色感を、04(イエロー)は茶色くすみが気になる肌や男性にも、05(グリーン)は赤みの色ムラが気になる人に、とコントロールカラーを想起させる。ただコントロールカラーと明らかに違うのは、肌の仕上がり感。ファンデーション前に肌悩みをカバーするのがコントロールカラーの役割だとすると、肌のトーンだけをアップしたり、下地もパウダーも基本はいらないという機能設計のアプローチに大きな違いが。どちらもキレイになることが目的だが、これだけでキメも整い、軽く、シルキー。ファンデーション以上に薄膜ベールであることも、ベースメイクの固定観念を覆される。
 使い方も簡単で、スポイトからリキッドを手のひらに落とし、肌にのばすだけ。02(パープル)や03(コーラル)など血色感のトーンアップなら頬まわり、額や顎先にのばすだけでも。ローズヒップオイルやグレープシードオイルなどの保湿成分で乾燥した肌もしっとりと。SPFは6〜9と控えめなので、紫外線が気になるならUV下地を先に、そのあとに重ねるといい。
 ベースメイクのクリエイションは、今回がラストプロデュースとなるKAORIさん。ファンデーション×発想の転換の掛け合わせ方がお見事です。

文/永富千晴
ながとみ・ちはる/美容ジャーナリスト。〈club C.〉主宰。女性誌やウェブで、企画、編集、執筆に携わる。美容コミュニティを通じてリアルビューティを追求。
Latest Issueやっぱり、台所は大切です。2021.05.20 — 880円