Beauty

独自の光解析システムによる知見に着目した化粧水と乳液。&Beauty キレイの理屈 〈資生堂〉January 26, 2023

SHISEIDO | ELIXIR BRIGHTENING LOTION / BRIGHTENING EMULSION
SHISEIDO | ELIXIR BRIGHTENING LOTION / BRIGHTENING EMULSION
透明感とハリに満ちた、内側から輝くような肌に導く化粧水と乳液。いずれもテクスチャーはさっぱり、しっとり、とてもしっとりの3タイプ。エリクシール ブライトニング ローション WT(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ)[医薬部外品]170㎖ ¥3,630、エリクシール ブライトニング エマルジョン WT(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ)[医薬部外品]130㎖ ¥4,290*ともに2月21日発売(エリクシールお客さま窓口 0120−770−933)

 スキンケア市場、16年連続売り上げナンバー1。不動の人気を誇るのが、今回ご紹介する〈資生堂〉の”エリクシール”シリーズ。頬の高い位置に光るみずみずしい艶を「つや玉」と表現したのが印象的だが、そんな肌に憧れて手に取った、という方も多いのではないだろうか。ブランド名は、フランス語のelixir(エリクシール=粋、情、エッセンス)を語源に、年齢にとらわれることなく、ひとりひとりの肌の美しさを最大限に引き出す奇跡の一滴でありたい、という願いが込められているのだ。いち早くコラーゲンサイエンスに着目し、時代とともに変化する女性の価値観やライフスタイルに合わせて進化。2014年には真皮幹細胞、’21年9月には、コラーゲン代謝により肌の生まれ変わりを正常化するアプローチを取り入れるなど、その進化ぶりには目を見張る勢いがある。
 そして、今年40周年という節目を迎える”エリクシール”は、2月21日に美白&エイジングケア化粧水と乳液を新たに発売。この製品の開発背景には、35歳以上の美白化粧品ユーザーはシミなど肌色の悩みはもちろん、肌全体のハリや潤い不足といった複雑な悩みを抱えており、美白とエイジングケア両方への効果を期待する声が多い、という独自調査結果があった。この難題に応えるべく研究を重ねるうえで、艶、透明感などすべての質感を支配するのが光であることに着眼。素肌の反射光をすべて分離計測し、視覚的に詳細に解析できる独自の光解析システムを用い、透明感の鍵は、肌の内側で起こる光の反射であることを突き止めた。光の道筋を整え、反射メカニズムにそった美容成分、例えば美白有効成分4MSKや、グリチルリチン酸ジカリウムなど多数の美容成分を配合する「ブライトリフレクト処方」により、肌の輝きを最大限に引き出し、内側からふっくら、輝くような潤い肌に導く。長年のコラーゲン研究と合わせ、最先端テクノロジーを凝縮した。
 また、日常的に使うものだからと、季節や好みで選べるよう、化粧水と乳液ともに、さっぱり、しっとり、とてもしっとりの3タイプがあることも特筆すべき点。それぞれのタイプに別の研究員が携わって開発したテクスチャーは、感動ものの仕上がり。このニーズへの隙のなさが、スキンケア売り上げ1位を走る秘密だと痛感させられる。

文/久保直子
くぼ・なおこ/ウェルネス&ビューティジャーナリスト。植物療法(フィトテラピー)をツールに、ココロカラダハダケアについて独自発信。

※この記事は、No. 111 2023年3月号「&Beauty」に掲載されたものです。

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 124やっぱり、ひとりでも京都。2024.02.20 — 930円