Interior

カラフルな子ども部屋には、〝好き〞いっぱい詰め込んで。【築43年の昭和の一軒家、和を残しつつ北欧テイストのDIY改装。】February 14, 2023

2023年1月20日発売の『&Premium』の特集「楽しく部屋を、整える」で紹介した、フリーライターの桒原さやかさんとスウェーデン人の夫、オリバー・ルンドクイストさんが長女の春ちゃん、長男の明ちゃんと住む家。古い家を手に入れ自分たちの手で改装。〝北欧のように〞を叶えるコツを、部屋の空間ごとに聞きました。続いては2人の子どもの好きが詰まった子ども部屋。

白壁には〈イケア〉などで見つけたラックを造作して、絵本やぬいぐるみをディスプレイ。「子どもの”作品”も張って、”自分たちの部屋”感を出してあげました」北欧 DIY改装 北欧、暮らしの道具店 イケア 『北欧で見つけた気持ちが軽くなる暮らし』 (ワニブックス) 、『家族が笑顔になる 北欧流の暮らし方』 (オレンジページ) 桒原さやか フリーライター・エッセイスト オリバー・ルンドクイスト
白壁には〈イケア〉などで見つけたラックを造作して、絵本やぬいぐるみをディスプレイ。「子どもの”作品”も張って、”自分たちの部屋”感を出してあげました」

Children's Room

色柄いっぱいにしてハッピーに! 子どもたちの”好き”を全部つめこんで。

 子どもたちが幼いうちから親と子の寝室は別にしているという。そのため、子どもたちにはそれぞれの部屋、それぞれのベッドを用意している。子ども部屋に充てたのは、2階の二間続きの洋室。オリバーさんによれば「家の中では比較的モダンな部屋だったので、和室のように大がかりな改修にはならなかった」とか。どの部屋よりも色や柄がちりばめられ、ポップな印象。いったん壁を白く塗ったが、「子ども部屋にはちょっと寂しいかなと思って上から壁紙を張りました」とさやかさん。「本人たちの『HAPPY!』が最優先です。長女はドット柄の壁紙を気に入りすぎて、部屋を与えた当初は、毎日壁にキスしてから寝ていました(笑)」だそうだ。

わずかに暖色が多めの春ちゃんルーム (左) と、寒色が多めの明ちゃんルーム (右) 。今は間にあった襖は外し、ふたりが自由に行き来できるようにしてある。北欧 DIY改装 北欧、暮らしの道具店 イケア 『北欧で見つけた気持ちが軽くなる暮らし』 (ワニブックス) 、『家族が笑顔になる 北欧流の暮らし方』 (オレンジページ) 桒原さやか フリーライター・エッセイスト オリバー・ルンドクイスト
わずかに暖色が多めの春ちゃんルーム(左)と、寒色が多めの明ちゃんルーム(右)。今は間にあった襖は外し、ふたりが自由に行き来できるようにしてある。

UNDER CONSTRUCTION

元は絨毯敷き。それを剥がして糊をのばし、クッションフロアを貼っていった。四辺と壁の境には巾木をセット。
元は絨毯敷き。それを剥がして糊をのばし、クッションフロアを貼っていった。四辺と壁の境には巾木をセット。
以前は洋風の壁紙が張られていた。襖はあれど洋室風情だったので約1週間とほかよりは短期間で改装できた。
以前は洋風の壁紙が張られていた。襖はあれど洋室風情だったので約1週間とほかよりは短期間で改装できた。
壁のみならず、引き戸や鴨居、敷居もペイント。白ベースだと気分や子どもの成長に応じた、小さな改修も楽になる。
壁のみならず、引き戸や鴨居、敷居もペイント。白ベースだと気分や子どもの成長に応じた、小さな改修も楽になる。

A FAMILY'S DIY RENOVATION

北欧でベーシックカラーといえば、白。インテリアなら、まず壁を白くし、そこにウッディベージュを加え、ややくすんだきれい色をトッピングすると”北欧風”になる。北欧 DIY改装 北欧、暮らしの道具店 イケア 『北欧で見つけた気持ちが軽くなる暮らし』(ワニブックス)、『家族が笑顔になる 北欧流の暮らし方』(オレンジページ)桒原さやか フリーライター・エッセイスト オリバー・ルンドクイスト
北欧でベーシックカラーといえば、白。インテリアなら、まず壁を白くし、そこにウッディベージュを加え、ややくすんだきれい色をトッピングすると”北欧風”になる。
 

知識より大切なのは楽しむこと。
失敗も心地よさでカバーできる!

 桒原さやかさんとオリバー・ルンドクイストさんは築43年の家を自ら改装しながら住んでいる。暮らしの手本は、結婚後に住んだ北極圏に位置する街、ノルウェーのトロムソの人々。
「誰もが、家が心地いいものであることにこだわっていました。とくに極寒の冬は家に籠もりがちになるからのようで、楽しみや暮らしやすさのためにDIYや改装を繰り返します。そうやって家を自分たちにぴったりのカタチに近づけていくんです」とさやかさん。オリバーさんによれば「北欧の人はなんでも自分で決めたい」のだとか。「納得する家づくりのため、面倒なんて平気、完璧かどうかも気にしません」
 2017年、日本に帰国して住む先に選んだのは「自然が近く北欧に似ていた」長野県の松本市。借家を経て、昭和の古い一軒家を購入。知識がなくても「YouTubeを見れば何とかなる(実際何とかなった!)」と、暮らしながら改装に取りかかった。古い家を選んだのは、格安だったのと、「大工さんが手がけたしっかりとした造りの昔の家を残したい」という思いから。トライ&エラー多めでようやくいい感じに仕上がってきて、3度目の冬を迎えている。

 
1階に6部屋、2階に3部屋あった家を4LDK+クローゼット&洗濯室に。ストーブの設置、窓ガラスの入れ替え以外のほとんどを家族で改装。裏山には畑も作った。北欧 DIY改装 北欧、暮らしの道具店 イケア 『北欧で見つけた気持ちが軽くなる暮らし』(ワニブックス)、『家族が笑顔になる 北欧流の暮らし方』(オレンジページ)桒原さやか フリーライター・エッセイスト オリバー・ルンドクイスト
1階に6部屋、2階に3部屋あった家を4LDK+クローゼット&洗濯室に。ストーブの設置、窓ガラスの入れ替え以外のほとんどを家族で改装。裏山には畑も作った。
 

桒原さやか Sayaka Kuwabara 
フリーライター・エッセイスト

オリバー・ルンドクイスト Oliver Lundquist 
フリーWEBディベロッパー

〈イケア〉〈北欧、暮らしの道具店〉で働いていたさやかさんとオリバーさんは同僚として出会い、結婚。ノルウェーで暮らした後に帰国し、松本に居を構える。著書に『北欧で見つけた気持ちが軽くなる暮らし』(ワニブックス)、『家族が笑顔になる 北欧流の暮らし方』(オレンジページ)。

photo : Mai Tanaka illustration : Shinji Abe (karera) edit & text : Koba.A

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 124やっぱり、ひとりでも京都。2024.02.20 — 930円