& Premium (アンド プレミアム)

Special

Dokonoko / February 21, 2019 〈ドコノコ〉と一緒に猫の習性を学びました。箱入り

箱入り

宅配便を開封するやいなや、ちゃっかり箱に収まっている猫。とにかくもう、猫は箱が大好きです。その理由は野生時代、木の洞や岩の割れ目など、暗くて狭い場所を寝床にしていたから。自分の体が密着するスペースに本能的に安心感を覚えるのです。寝床はなわばり内にたくさんあればあるほど安心ですから、新しい箱が登場するとすかさず中に入って、居心地をチェックするというわけ。「せっかく素敵なカゴを買ったのに、ボロボロの段ボールにばかり入る(涙)」とお嘆きの飼い主も多いと思いますが、もしかしたらカゴのサイズが大きいのかもしれません。見た目の素敵さよりも、猫は体がぴったりフィットするサイズ感を優先します。全身が密着する、ちょっと小さめの箱が大好きなんです。

doko-hakoiri-01
まり Mari  ♀
「ほんとはもう少し深さが欲しいけど、とりいそぎ入っておきました」って感じですね(笑)。お顔に反してくつろぎ中です。
doko-hakoiri-02
みけ子 Mikeko  ♀
おっと、これは箱が崩壊寸前! 猫は未来のことを考える能力はないので、箱が完全に壊れるまではれっきとした箱なのです。
doko-hakoiri-03
ふく Fuku  ♂
まさに「お気に入りの風呂桶」といった感じ。耳が立っているので、目線の先に何か見つけたのでしょう。まさか、のぞきか!?
doko-hakoiri-04
ラヴィ Ravi  ♀
猫の耳が下がっているのは和んでいるサイン。ちょっと狭いけど、これくらいの密着感がたまらなく好きなんでしょうね。
doko-hakoiri-05
武蔵野(むさ&しの) Musa & Shino  ♀
2匹が同じ行動をするのは「同調」といって、仲良しの証し。片方が先に入ったので、もう一匹も真似しちゃったのでしょうね。
doko-hakoiri-06
りん Rin  ♂
だいぶ窮屈そうですけど、本人はいたってご満悦。体が何かに触れていると安心するのは、子猫時代の名残でもあります。
 
text : Yuriko Kobayashi illustration : Shapre
※『&Premium』No. 45 2017年9月号より
〈ドコノコ〉TOPへ戻る