& Premium (アンド プレミアム)

Recommendation

Life with Twingo / March 27, 2020 / 〔SPONSORED〕 パリの街が生んだコンパクトカー。ルノー トゥインゴだからできること。

KV_01_hoteloff_1912

私たちのベターライフを、この一台が叶えてくれる。

石造りの重厚な街並みが歴史を感じさせるパリ。同時に、ファッションやアートなど、常に時代の最先端の潮流を世界に発信してきた創造都市でもあります。そんな伝統と革新が融合した街で磨かれた、新型ルノー トゥインゴ。細い路地や石畳の路面、急な坂道の多いパリの街でも快適な走行を可能にする高い小回り性能や、景観に溶け込む洗練されたエクステリアデザインは、ここ日本でも日々の暮らしに溶け込んでくれそうです。

全長3,645mm×全幅1,650mm×全高1,545mmとなった新型ルノー トゥインゴ。その魅力は、大まかに分けて5つ。

まず1つ目は、コンパクトカーでありながら5ドアであること。一見すると2ドアのように見えるのは、リアのドアハンドルがサッシュに隠れているから。後部座席からの乗り降りもしやすく、ラゲッジスペースの広さも必要十分。シートをアレンジすればラゲッジスペースをさらに広げることも可能で、日々の買い物でも、休日のレジャーでも、様々なライフスタイルに合わせた使い勝手の良さが特徴です。

2つ目は、狭い路地での走行や車庫入れも楽に行える高い小回り性能。コンパクトなサイズに加えて、四隅に配置されたタイヤの切れ角を増すことで、最小回転半径は、日本の軽自動車並みの4.3メートルに。

そして3つ目は、6速AT &ターボのスムーズな加速。変速時のショックが少ない6速ATと、1.5Lエンジン並みのパフォーマンスを発揮する0.9Lターボエンジンを搭載し、坂道の多いパリの街でもスムーズな走行を可能に。日本の道路環境でも快適なドライブを実現してくれます。

4つ目は、ダッシュボードに装備されたマルチメディア「EASY LINK」機能を持つ7インチタッチスクリーンにより、スマートフォンとの連携を強化。スマートフォン内の各種機能にアクセスできるほか、SiriやGoogleアシスタントを利用した音声操作も可能で、地図や電話もいつものように扱えます。

最後に5つ目は、多彩なカラー。写真の「ブルー ドラジェ」をはじめとする、パリの街をイメージさせる5色をラインナップ。パリの街並みにも映える個性あるデザインを、さらに魅力的に彩るボディカラー。これまで以上に運転することが楽しみになりそうです。

他にも、ルノーブランドを象徴するCシェイプLEDランプやCシェイプウィンカー、新デザインのホイールを採用するなど、随所にパリのエスプリを感じさせる一台に。いつもの毎日でも、ちょっと特別な1日でも。新型ルノー トゥインゴがあれば、これまで以上にベターな日々が訪れるはずです。

KV_05_les_salon_hoche_1121
KV_04_lhowea_200120
KV_03_lhowea_1912
 

Renault Twingo

メーカー希望小売価格¥1,790,000(税込)
ボディカラー:ジョン マンゴー/ブルードラジェ/ヴェール ピスタッシュ/ブラン クリスタル/ルージュ フラム M
※M:メタリックは41,000円高(税込)

●問い合わせ/ルノー・ジャポン☎︎0120-676-365

公式サイトはこちら