& Premium (アンド プレミアム)

Nichiyohin

No. 277 / June 17, 2020 骨董王子・郷古隆洋の日用品案内。
金田勝造の燭台

0617

松江市の金工職人・金田勝造がスウェーデンのデザインに影響を受けて制作した鉄製の燭台。同氏は、河井寛次郎がデザインしたキセルの制作を担当していた、島根県の民芸において欠かせない人物の一人。造形の美しさはもちろん、この燭台が優れているのは、和洋の蝋燭に対応しているところ。和蝋燭は先端に刺して、洋蝋燭は先端のアジャスターを外して穴に入れて使うことができ、気軽に取り入れられるのも魅力です。

photo:Naoki Seo
郷古隆洋
Selector

郷古隆洋

ユナイテッドアローズ、ランドスケーププロダクツを経て2010年に Swimsuit Department を設立。輸入代理店をはじめ、世界各国で買い付けたヴィンテージ雑貨などを販売する「BATHHOUSE」を運営するほか、店舗のインテリアコーディネートやディスプレーなども手がける。2015年9月には、日本で初の開催となるモダニズムショーを主宰した。→ swimsuit-department.com