写真家・川内倫子さんが新作写真集『as it is』を発表、刊行記念展を開催。 — いま、寄り添ってくれる一冊 | News | & Premium (アンド プレミアム)

& Premium (アンド プレミアム)

Newsいま知りたいヒト、モノ、コト。

いま、寄り添ってくれる一冊 / September 02, 2020 写真家・川内倫子さんが新作写真集『as it is』を発表、刊行記念展を開催。

as-it-is-cover
『as it is』川内倫子 3,000円(torch press)

日常を見つめ直し、原点に立ち返った写真集。

 

編集部に写真家・川内倫子さんの新作写真集『as it is』発売のお知らせが届きました。

『as it is』は、川内さんが自身の出産から約3年間、子どもの姿や身近な風景を撮りためて構成した一冊。

初写真集『うたたね』(2001年)から20年という歳月の中で、日常の出来事から外の世界へとまなざしを向け、近作『Halo』(2017年)では遠い宇宙を感じさせるイメージを切り開いてきた川内さんが、もう一度、自身の子どもや家族とともに日常風景を見つめ直し、原点に立ち返っています。

 
20180908-4F4A0600
Photo:Rinko Kawauchi
20161014-4F4A3365
Photo:Rinko Kawauchi
20171229-4F4A9662
Photo:Rinko Kawauchi
KIU037
Photo:Rinko Kawauchi
20190807-0X5A0210
Photo:Rinko Kawauchi
 

四季の移り変わりを通じて出会う自然と光の美しさ、暮らしの中で見つける小さな生き物たち、初めて体験する死という出来事——それらのささやかな物事に宿る生命の美しさと、その気づきから積み重なっていく日々。

川内さんが一人の母親として感じてきたことを綴った短いテキストも挿入されており、新型コロナウイルスによって日常が一変し、何気ない日々を改めて大切に思ういま、新しい時代を生きる私たちに寄り添ってくれる一冊です。

東京を拠点とするインディペンデントブックレーベル「torch press」とフランスの出版社「Chose Commune」との共同制作から生まれたという本作。オランダ在住のグラフィックデザイナー・若林亜希子さんによる装丁も素敵です。

2020年9月4日(金)〜10月11日(日)は、東京・恵比寿にある『POST』にて刊行記念展を開催。写真集『as it is』が先行発売されます。お近くの方は、ぜひこの機会に。

 
 

写真集『as it is』
発売日:2020年9月中旬予定
デザイン:若林亜希子
仕様:230 x 180mm/ソフトカバー(フランス装)/144P+テキスト差し込み18P
言語:日本語
定価:3,000円(税抜)

刊行記念展「as it is」
会期:2020年9月4日(金)〜10月11日(日)
会場:POST
住所:東京都渋谷区恵比寿南2-10-3
時間:11:00〜19:00
休業日:月曜日
電話:03-3713-8670

川内倫子『as it is』POST

text:Yu Miyakoshi