Nekoわたしの猫ダイアリー。

vol. 150 / November 06, 2018 尻尾で会話鮎子 and チャイ坊

僕は尻尾で会話ができる。フリフリが速いと、僕は怒っている! フリフリが穏やかだと甘えている。ママはそう思っているらしいが、まぁ、間違いではない。僕の大きいお尻を見てかわいい! かわいい! と言っている鮎子は、もしかすると変な人なのかもしれないと思う時がある。


濱中 鮎子

チャイ坊の飼い主は、フリーランスでファッションディレクター&プランナーをしている濱中鮎子さん。2015年2月に里親募集されているチャイ坊に出会い、一目惚れ。以来、一日中のらりくらりと寝て過ごす巨体の“おっとり猫”であるチャイ坊と穏やかな日々を過ごす。チャイ坊は二人きりのときは甘えん坊。人前ではツンツン。究極のツンデレ坊やです。/ ファッションディレクター&プランナー。明治大学卒業後〈BEAMS〉に入社。プレス、ディレクターを経て現在に至る。instagram.com