お笑い芸人、バービーさんの「ひとりの時間の楽しみ方」は?  — 『&Premium』No. 78 2020年6月号より立ち読み | From Magazine | & Premium (アンド プレミアム)

& Premium (アンド プレミアム)

From Magazine

『&Premium』No. 78 2020年6月号より立ち読み / April 20, 2020 お笑い芸人、バービーさんの「ひとりの時間の楽しみ方」は? 

2020年4月20日発売の『&Premium』最新号の特集は、「ひとりの時間の楽しみ」。

ひとりの時間は、決して寂しいものではなく、自分の意思で自由に行動したり、自分の内面に向き合ったり、大切にしたいものに気づいたり、ベターライフに欠かせない「心地よい」ものだと&Premiumでは考えています。

巻頭では自分だけの時間の過ごし方が上手な30人に、「ひとりの時間の楽しみ方」を聞きました。ここでは、お笑い芸人のバービーさんの楽しみ方を紹介します。

スーパーマーケットで 妄想。

バービー
「ふだんあまり見かけることがない香辛料や調味料を発見すると嬉しくなって、ついつい買ってしまうんです」

料理が好きなので、調味料の棚を眺めて使い方を想像するのが楽しみ。店内の人を観察するのも好きです。例えば夕方のお母さん。子どもはゲームしながらついてきていて、お惣菜を買えばいいのに、手作りを頑張っているんだなとか。みんなのリアルを思い描きます。そんな妄想ばかりして、 1 時間以上経つことも。逆に自宅では、誰の影響下にもない状態で、自分を整理する時間が大切。やりたいことと優先順位を手帳に書き出して、向き合うことを続けています。今、ようやく私の中にあるキャラクターと目指すものが芽吹いてきました。何かの役に立ちたい、そのためにひとりで、手ぶらでぶつかっていこうという思いが強いです。

バービー お笑い芸人
Barbie

1984年北海道生まれ。お笑いコンビ「フォーリンラブ」のひとり。コラム執筆、下着のプロデュース、街おこしなど多岐にわたり活動。開設したYouTube「バービーちゃんねる」が話題に。

特集はこちらから

styling : Natsuki Taniguchi
hair & make-up : Naomi Harada cooperation : Queen’s Isetan