Event

March 03, 2022 季節を写し取るガラスの芸術。
津坂陽介 + 久保裕子 (日の出ガラス工芸社) × 雨晴 「春を告げる」/雨晴この週末、買いに行きたい器。vol.14

This WeekendMarch.5 – March.6, 2022

毎週末、日本各地で行われる器の展示のなかから注目の催しを紹介。3月5日(土)〜6日(日)の週末は、東京・白金台の『雨晴』で行われる「津坂陽介 + 久保裕子(日の出ガラス工芸社) × 雨晴 『春を告げる』」へ。(会期は3月4日〜3月13日)

 
amahare01
Photo / Yuichiro Ohmura Art Direction / Kazuhiro Sawamoto
 

 手にとって陽に当てたくなるような、美しさと柔らかさのある〈日の出ガラス工芸社〉の作品。津坂陽介さんと久保裕子さんの夫妻が、富山市内の里山に構える工房から生み出す作品は、周囲の豊かな自然を写し取ったような、生き生きとしたアイデアと表現力が特徴。例えば、今回の展示のメインビジュアルとなった津坂さんによる「カモのデカンタ」は、カモが魚が泳ぐ様を眺めている瞬間を表現したもの。久保さん作の「池文鎮」もまた、魚や花、蝶など、水辺の風景を一つのガラスの中に詰め込んでいる。その他に、津坂さんからは繊細さを感じる作品たちが、久保さんからは魚の泳ぐ花器や「ハリネズミのドーム」など生き物を取り入れた作品たちが並ぶ予定だ。

 今回の会場である白金台『雨晴』の主人・金子憲一さんが二人の作品に惚れ込んで以来10年以上親交を深め、夫妻はこの場所で定期的に作品を発表してきた。今回の展示に並ぶ、童心を思い出させるような可愛らしいガラスたちは、春へと移り変わるこの時季こそ手にしたいものばかり。作品とそれらが生み出す陰影に、惚れ惚れする時間が待っている。

PICK UP

津坂さんのレース作品は、特に光を通したときの表情が美しい。
津坂さんのレース作品は、特に光を通したときの表情が美しい。
魚たちの泳ぎ回る花瓶は久保さん作。水を張るといっそう情景が思い浮かぶ。
魚たちの泳ぎ回る花瓶は久保さん作。水を張るといっそう情景が思い浮かぶ。
久保さんによる「ハリネズミのドーム」は、盆栽作家の小林健二さんとのコラボレーション作品。
久保さんによる「ハリネズミのドーム」は、盆栽作家の小林健二さんとのコラボレーション作品。
津坂さんによる「カモのデカンタ」は、風景描写のアイデアと表現力が詰まった作品。
津坂さんによる「カモのデカンタ」は、風景描写のアイデアと表現力が詰まった作品。
久保さんによる「池文鎮」は、特にファンの多い人気作品。
久保さんによる「池文鎮」は、特にファンの多い人気作品。
 

EVENT INFORMATION

津坂陽介 + 久保裕子(日の出ガラス工芸社) × 雨晴 「春を告げる」

場所:雨晴(東京都港区白金台5-5-2)
会期:3月4日(金)〜3月13日(日) 13:00〜18:00 
*3月7日(月)、8日(火)、9日(水)は休み

問い合わせ電話番号:03-3280-0766
問い合わせメールアドレス:info@amahare.jp

URL:https://www.amahare.jp/
インスタグラム:https://www.instagram.com/amahare/

展示情報はこちら
Latest Issue心を揺さぶる、アートの力。2022.06.20 — 880円