Event

February 10, 2022 クラシックなスリップウェアを今に引き継ぐ。
「前野直史 個展」/SMLこの週末、買いに行きたい器。vol.11

This WeekendFebruary.12 – February.13, 2022

毎週末、日本各地で行われる器の展示のなかから注目の催しを紹介。2月12日(土)〜13日(日)の週末は、東京・中目黒の『SML』で行われる「前野直史 個展」へ。(会期は2月11日〜2月20日)

 
naofumimaeda01
 

 土味のある表情に、伝統を感じさせる模様のスリップウェアが代名詞の前野直史さん。京都府の南丹市日吉町生畑に自らの手で「生畑皿山窯」を構えておよそ15年。薪を割り、土を掘って叩いて、釉薬も自作。一つ一つの工程を丁寧に積み重ねてきた器は、確かに手に取る喜びのある佇まいだ。イギリスのスリップウェア、特に19世紀の作品に大きな影響を受けた作風で、彼の器がどこかクラシカルな雰囲気を持つのはそのためだろう。

 中目黒『SML』での展示は2019年12月以来。スリップウェアにとどまらず、新作、十年以上前の旧作も交えながら並ぶ予定だ。オンライン販売もあり、外出を控えたい人、遠方に住まう人も作品を購入できる。誰もが前野さんの作品に触れられる、この機会をお見逃しなく。

PICK UP

naofumimaeda02
今回のフライヤー画像にも採用されているスリップウェア「くるくる」は、前野さんの代表作。 その他マグカップ、ろうそく立てなど、様々なアイテムが並ぶ予定。
 

EVENT INFORMATION

「前野直史 個展」

場所:SML(目黒区青葉台1-15-1 AK-1ビル1F)
会期:2月11日(金・祝)〜2月20日(日) 
月〜金 12:00~19:00
土・日・祝 11:00〜19:00
問い合わせ電話番号:03-6809-0696
*オンライン販売もあり。WEBサイト『kiguu』にて2月14日(月)11:00〜2月20(日)24:00まで。

詳細はこちら
Latest Issue心を揺さぶる、アートの力。2022.06.20 — 880円