Lifestyle

『やまねこ』店主・山根佐枝 さんと、モデル・花楓さん。
それぞれの静かな時間の過ごし方。_ MY PEACEFUL TIME 01December 13, 2021

慌ただしく過ごす日々の中で、自身と向き合う静かな時間をしっかり確保して、心身のバランスをとること。その大切さを考えた2021年11月19日発売の『&Premium』最新号「静かに過ごす時間が、必要です」。12人にクリエイターの皆さんを取材した「私の、静かな時間の過ごし方」から、Well-Being Salon & カフェ『やまねこ』店主の山根佐枝さんと、モデル・花楓さんの静かな時間について紹介します。

波が穏やかな日に 素潜りをする。

ウェットスーツに身を包み、一色海岸の海を楽しむ山根さん。 「海に入るのは一年中。冬の海もまた静かで綺麗です」
ウェットスーツに身を包み、一色海岸の海を楽しむ山根さん。「海に入るのは一年中。冬の海もまた静かで綺麗です」

東京と葉山、30代後半から二拠点での暮らしを経て、この土地に根を張ろうと葉山に拠点に絞ったのが約10年前。海は私の生活になくてはならない存在で、一色海岸から歩いて2分のところにオフィス兼店舗を構えました。波がある日はサーフィン、海が穏やかで水が澄んでいる日は、マスク とスノーケル、フィンだけを着けて海に入る素潜りを。資格のあるインストラクターの講座を5年前に受けてから、よく潜るようになりました。

海に潜るのは30分から1時間ぐらい。潜った瞬間に周囲の音がシャットダウンされ、呼吸の音だけが響きます。自分の上にも下にも魚が泳いでいるそこは、まるで宇宙のよう。水の中にいる間は瞑想状態にも近く、心身ともにリフレッシュできる大切な時間です。やはり普段の生活で心が揺れたり、不安を感じたりすることは必ずあって、そういうときは短い時間でもいいから海に潜る。すると自然と心が落ち着いてくるんですよね。

会社に勤めていた30代までは東京で忙しく過ごしていて、自然の中でゆっくりと暮らすことにずっと憧れがあり、雑誌編集者という魅力的なキャリアを手放してでも、葉山での暮らしを優先するようになりました。今はこの距離感で海や山の近くに居られることが本当に嬉しいです。

哺乳類は水に顔を浸すと心拍数が減少するという反応が起こって、その結果、心地よく平穏な気持ちになるそうです。一方で心が安定していないと息が長くもちません。自分と向き合いながら、 魚と一緒に長く潜っていたいので、いつも穏やかでありたいと思います。

山根佐枝 Sae Yamane
Well-Being Salon & カフェ『やまねこ』店主

1967年東京都生まれ。女性ファッション雑誌の編集を経てフリーの編集・ライターに。10年ほど前、神奈川・葉山に“W ell-Being”をコンセプトとした空間『やまねこ』を開く。
https://www.instagram.com/yamaneko.hayama/

絵本から気になる絵を 抜き出してコラージュする。

097_p000-000_私の静かな時間_05
大きな窓から光が差し込む心地よいリビングで作業に没頭する花楓さん。円形のキャンバスの上にコラージュしていく。

振り返ってみると子どもの頃、家にあったアル バムの写真を切って貼る遊びをしていました。そ うした性分からか、コラージュで「物語」を創り出すことは、自分にとって自然なことで。好きな絵本を開いて心に留まった絵があると着想が生まれてきます。最近は東京・西荻窪にある古書店『にわとり文庫』に足繁く通い、いい絵本がないかじっくりと探すのも楽しいひととき。主にチェコやロシアの絵本を購入することが多いです。

加えて必要な道具はマットとペンカッター。ブライアン・イーノをはじめとするアンビエントミュージックをかけて作業に没入しています。絵を眺めていると、幼い頃に親と観ていた1980年代の 映画の中にある色合いの感じとリンクするところがあったりするんですよね。時には実人生の決定的な瞬間を思い出すこともあります。いくつもの記憶の断片がトリガーになり、名付けようのない不思議な感情をコラージュにしたくなるんです。

自分で絵を描くことも好きですが、それをコラージュに使いたいとは思わなくて。他者が創造した絵を組み合わせるほうが、違和感のある不思議な取り合わせが生まれやすいし、物語性が高まる気がしています。自分の頭の中を再現するために手を動かし続けているとだんだんと楽しくなってきて、無意識のゾーンに入っていくことができるんです。実際、絵本から綺麗に切り取って貼り付ける作業は神経を使いますし、極限の集中状態になります。ある種のメディテーションタイムのようでもあって。次の日に響くので、なるべく深夜までの作業にならないように心がけていますね。

花楓 Caede
モデル

1980年東京都生まれ。13歳でモデルデビューし、ファッション誌や広告などで活躍。コラージュ作品の発表も精力的に行い、来春には福岡で個展の開催を予定している。
https://www.instagram.com/_caede_/?hl=ja

photo:Yuka Uesawa text:Seika Yajima(Caede)

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 127すぐ作りたくなる、手料理のアイデア。2024.05.20 — 930円