高揚感溢れるブレイズカラーの春コレクション。&Beauty キレイの理屈 〈RMK〉 | Article | & Premium (アンド プレミアム)

Beauty

January 06, 2022 高揚感溢れるブレイズカラーの春コレクション。&Beauty キレイの理屈 〈RMK〉

98-beauty02-main
RMK | SPRING COLLECTION 2022 SPRING BLAZE
内なる感情を伝えるフレッシュな色つきと、高揚感が満ちるブレイズカラーが特徴のスプリングコレクション。左から、RMK スプリングブレイズ デュオアイシャドウ(02ローファイア) ¥4,180、RMK ハイボリュームマスカラ(EX-01エクストラベリー)¥3,850、RMK カラースティック(06ホットスペル、04ブロンズグロー)各¥3,300、RMK ネイルポリッシュ(EX-48アンバーグラス)¥1,650*以上、2022年1月7日発売。カラースティックを除きすべて数量限定(RMK Division ☎︎0120−988−271)

 NYでキャリアを積み活躍するメイクアップアーティストYUKIが新クリエイティブディレクターに就任し、リアルかつオーセンティックなコレクションに注目が集まる〈RMK〉から、2022年スプリングコレクション“SPRING BLAZE”(スプリングブレイズ)が発表された。ラズベリーレッド、ダスティローズ、ラディアントルビーなど、YUKIの感性をふんだんに取り入れた絶妙な透明感やくすみ感のあるブレイズカラーたち。ファッション的な流行にのるのではなく、秘めていた何かを表に引っ張り出してくるようなソウルフルなクリエイションは、躍動感に溢れている。
 まず目を引いたのは、チーク、ハイライター、アイシャドウと3WAYで使えるカラースティック「RMK カラースティック」(全6色)。つけ心地はさらさらでベルベットのようなテクスチャーでありながらも、肌の上では上品なツヤ感が。マスクにも色移りしにくく、色っぽくも洗練された、エモーショナルなワントーンメイクに仕上がるのも、この「RMK カラースティック」の特徴だ。例えば、ベイビースキンをつくるマジックアイテムの「01フロスティーローズ」を筆頭に、「04ブロンズグロー」はロージーなベースカラーにブロンジーなグロー感が重なり合う大人びた色合い。単色ではもちろん、他の色と組み合わせて使っても自分色に染めやすい一本。また、ヘルシーでフレッシュなルックに仕上がるおしゃれ色といえば 「06ホットスペル」。こちらは落ち着きのあるオレンジで、ほんのり日焼け肌を演出したいときにも活躍してくれる。
 さらに、しっとりとなじむ湿式処方を採用した2色アイシャドウ「RMK スプリングブレイズ デュオアイシャドウ」(01スプリングトープ)の陰影感は、目元を一気にモードな雰囲気に。そんな内から滲み出るようなワントーンメイクにメリハリを添えるのが、ボリューム感たっぷりのマスカラ「RMK ハイボリュームマスカラ」や飴色のネイル「RMK ネイルポリッシュ」(EX-48アンバーグラス)。特に「RMK ハイボリュームマスカラ」は、エクストラベリーとマルーン色の2色展開で、ノスタルジックなくすみ感がなんとも素敵。数量限定アイテムも多いのでチェックは速やかに。ちなみにすべて新年1月7日発売です。

文/永富千晴
ながとみ・ちはる/美容ジャーナリスト。〈club C.〉主宰。女性誌やウェブで、企画、編集、執筆に携わる。YouTubeチャンネル「永富千晴キレイの未来」も。

※この記事は、No. 98 2022年2月号「&Beauty」に掲載されたものです。

Latest Issue家で使う、飾る、美しいもの。2022.05.20 — 880円