Interior

〈ウェッジウッド〉、〈カシェ〉etc。 この秋、家に迎えたいインテリアグッズ。October 08, 2023

WEDGWOOD teapot, tea cup & saucer

〈ウェッジウッド〉から、上品なティーウェアがお目見え。

ブルーにゴールドという、美しい色彩に目が奪われるティーウェアは〈ウェッジウッド〉の新コレクション”へリア”から。古代ギリシャ語で太陽を意味するその名の通り、眩しい日差しのような明るさがありながらも、ボーンチャイナ特有の透明感やクラシカルなフォルムによって、優美な印象に。

ティーポット[1,000㎖]¥77,000、ティーカップ&ソーサー[200㎖]¥27,500(ともにhttp://www.wedgwood.jp

CACHÉ object

ブックスタンドにもなる、コペンハーゲン生まれ〈カシェ〉のオブジェ。

感性を豊かにする良質なアイテムをセレクトする『ドワネル』で見つけた、モダンな佇まいのオブジェ。本や雑誌のある生活空間を、美しい景色に変える作品を発表しているコペンハーゲン発のブランド〈カシェ〉によるもので、飾るだけでなくブックエンドとしての機能も持つ。素材はずっしりとした大理石で安定感があり、使いやすさも文句なし。

オブジェ[W15×D5×H15㎝]¥53,900(☎03−3470−5007)

BEARER dining table

新ブランド〈ベアラー〉のテーブルは、赤い脚がアクセント。

東京のインテリア店で経験を積んだ佐々木達也によるブランド〈ベアラー〉が始動。居心地の良い空間を生み出す家具を提案する。ダイニングテーブルは、小口を丸くした天板と、細い脚がモダン。スウェーデンの民家からヒントを得た独特な赤が彩りを添えている。天板は写真のオーク材のほか、バーチ、ウォルナットもある。

テーブル[W140×D75×H72㎝]¥275,000(https://shop.bearerdesign.com

photo : Eri Kawamura styling : Mari Nagasaka text : Yasuko Mamiya
※この記事は、No. 119 2023年11月号「&selection」に掲載されたものです。

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 124やっぱり、ひとりでも京都。2024.02.20 — 930円