Beauty

なりたいイメージで選ぶ、高発色のアイブロウマスカラ。&Beauty キレイの理屈 〈アディクション〉April 30, 2023

114-beauty02-main
ADDICTION | EYEBROW MASCARA COLOR NUANCE
なりたいイメージに合わせて表情を変えられるニュアンスカラーのアイブロウマスカラ。アディクション アイブロウマスカラ カラーニュアンス(右から、001 イエローベージュ、002 モカブラウン、003 ビターオレンジ、004 ラズベリーレッド、005 モーヴライラック)各¥3,300*5月12日発売(アディクション ビューティ 0120−586−683)

 マスカラのなかでも繊細な色彩のニュアンスを目元に与えてくれ、色ではなく、色感という新次元のカラー感覚を私たちに教えてくれた〈アディクション〉の「ザ マスカラ カラーニュアンスWP」。圧倒的なカラーバリエーション、まつ毛に纏うだけでパッとファッショナブルになり、メイクのなかでも捉え方の難しい「抜け」を表現しやすいと、幅広い層の支持を得ている。このカラーニュアンスが与えてくれる美的な効果を、眉毛にも与えてくれる眉マスカラが5月に誕生する。それがこの「アイブロウマスカラ カラーニュアンス」という新作の眉メイクアイテムだ。
 自然な自眉作りに役立つ、通常のアイブロウマスカラと違い、驚かされるのはその色展開。「001イエローベージュ」「002 モカブラウン」「003 ビターオレンジ」「004 ラズベリーレッド」「005 モーヴライラック」と、そのバリエーションはカラーマスカラ並み。その機能性も、”ニュアンス”というだけに細部にまでこだわっていて、ふんわりとやわらかなまま仕上がる上、すぐに乾くという形状記憶効果を搭載。また、人によって異なる毛質や毛量の個性にも配慮した。例えば、地肌への付着を防ぎやすいひし形ブラシを採用したり、ダマを予防し、毛先にもしっかりと発色を感じさせるリキッドへの工夫などがその一例。そしてなんといっても気になる「持ち」への工夫は、アイブロウホールド成分やカラーステイ成分などの働きにより、24時間べたつくことなく高発色をキープさせるなど機能性を追求した。ちなみに「アイブロウマスカラ カラーニュアンス」の色発想は、ヨーロッパの夏の太陽から生み出されるハーモニーをイメージしているとのこと。一番遊び心を感じさせるモーヴライラックをつけてみても、さすがニュアンスカラー、メイクで険しくなりがちな目元の表情の険が反対に緩和されるような抜け感が宿る。どの色もリラックスした雰囲気を高めてくれるのがとても新鮮。
 また同時にパウダータイプの「プレスド デュオ アイブロウ」の新色も発売。こちらも、ほんのり日焼けした肌の雰囲気を高めてくれるアプリコットやベリーピンクが印象的なので、ぜひチェックしていただきたい。自眉色とはひと味違う魅力に気づくことができるかもしれない。

文/永富千晴
ながとみ・ちはる/美容ジャーナリスト。〈club C.〉主宰。女性誌やウェブで、企画、編集、執筆に携わる。YouTubeチャンネル「永富千晴キレイの未来」も。

※この記事は、No. 114 2023年6月号「&Beauty」に掲載されたものです。

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 124やっぱり、ひとりでも京都。2024.02.20 — 930円